どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

ドリーム (2016) ★
白人と非白人の差別が法律で決まっていた時代、ソ連との宇宙競争で劣勢の米国NASAで活躍した3人の黒人女性数学者の実話に基づく映画。
オスカーの助演女優賞(オクタヴィア・スペンサー)、作品賞、脚色賞、にノミネートされた。

フレンドシップ7の打ち上げが迫ったころ、ハドソン本部長(ケヴィン・コスナー)が後はIBMでできるとキャサリンをお払い箱にしたのが実話とは信じがたい。コンピュータができるのは人間が指示したとおりに動くことだけで、キャサリンの能力は計算の速さと正確さだけではない。ケネディが月を目指すと宣言した以上、ハドソンはキャサリンの必要性を充分にわかっていたはず。

□ バージニア州では白人と有色人種の区別が法律で定められていた。レストランもトイレも学校も別、バスは非白人席が決められていた。図書館も非白人区域が分けられていた。黒人女性のキャサリン、ドロシー、メアリーはラングレーのNASAに雇用される。彼女たちは黒人女性たちが手計算している西計算センターに配属された。
 当時米国とソ連は宇宙開発競争でしのぎを削っていた。
 1960年、ソ連は犬を乗せたスプートニクで地球を周回させて無事帰還させ、次は人間を乗せると宣言していた。
 NASAは大きく後れをとっていた。幼いころから数学の天才と呼ばれたキャサリンが抜擢されて宇宙開発の中心である宇宙特別研究本部に配属される。しかしそこは白人男性の職場。建物には非白人用のトイレもなかった。キャサリンの役割はあくまでも白人男性の計算を確認する計算係で。渡される書類は計算係が読めないようにいたるところが黒く塗りつぶされていた。しかし本部長のハドソンがキャサリンの能力を認めるようになる。
 ドロシーは事実上西計算センターのリーダーだが非白人のため管理職に昇進させてもらえない。NASAにIBM7090が設置される。人間よりもはるかに速く計算できるコンピューターがあれば人間の計算係は不要となる。しかしコンピュータに指示する技術者が必要となる。ドロシーは独学でFORTRANを学び、仲間たちに教えた。
 メアリー・ジャクソンはエンジニアを目指しているが、そのために必要な卒業資格を得られるのは白人専用の学校だけだった。
 1961年4月、ソ連のガガーリン少佐はボストーク1号で地球を1周し無事帰還した。
 NASAは5月と7月にシェパードとグリソムを弾道飛行させる。
 1962年2月。ジョン・グレンが搭乗するフレンドシップ7が地球周回を目指して打ち上げられる。


・ 監督: セオドア・メルフィ
・ 原作: マーゴット・リー・シェッタリー
・ 出演: タラジ・P・ヘンソン、 オクタヴィア・スペンサー、 ジャネール・モネイ、ケヴィン・コスナー、 キルステン・ダンスト、 ジム・パーソンズ、 マハーシャラ・アリ
> FORTRAN(フォートラン):科学技術計算向けプログラミング言語。私が最初に覚えたのはFORTRANだった。

■ドリーム HIDDEN FIGURES (2016/2017)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

メッセンジャー  (2017) ★
人類初の地球外生命体との接触の可能性もある10年間ただひとりの任務についた宇宙飛行士の選択は?
DVDで観た。

 ひどくつまらない。と、けなしたい気持ちもあるのだが、もっと知られた監督・俳優だったら奥深い映画と思ってしまうのかもしれない。
 ブランドン・レイ・オリーヴという俳優によるほとんど単独芝居。

□ 地球外で発信された3種類の信号が受信されるようになる。発信源はいずれも太陽圏内の土星のタイタン、海王星のトリトン、準惑星エリス。
 NASAは有人探査機の派遣を決める。準備を考えると8年後が理想的だが中国との競争上2年半後の出発が決まる。
 担当者としてロジャー・ネルソン大尉が選抜される。しかし3か所を廻って標本を回収し帰還するには10年もかかり死の危険性もある。一方で人類で初めて地球外生物と遭遇する可能性もある。
 妻のアビゲイルは強く反対するがロジャーは任務を承諾する。

 探査機マゼラン(原題)が出発、最初の目的地タイタンまで18カ月。ネルソンはステイシス状態で過ごす。着陸機でタイタンに降り立ったネルソンは信号発信源の野球ボールほどの球体を回収する。
マゼランに戻ったネルソンは決められている手順に従って分析を始めるが、禁じられているにもかかわらず素手で触れてしまう。
32か月後、マゼランはトリトンに到達する。
・・・・・・


・ 監督: ロブ・ヨーク
・ 出演: ブランドン・レイ・オリーヴ(ロジャー・ネルソン大尉)、

■メッセンジャー MAGELLAN (2017/---、米国/オーストラリア) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ザ・メッセージ 地球侵略 (2014) ★
16歳の時に行方不明となり、発見された時には妊娠していたレベッカ。しかし、レベッカも母親も、レベッカの中絶手術をした医師も真実を隠した。そして今、姉のアビーが妊娠する。子供の父親は?

ジャンルを書くとネタバレになるけれどSFホラー。DVDで観た。

勘違いする人はいないと思うけれど劇場公開された「メッセージ(2016)」とはまったく無関係の映画。原題は「デバイス」。


□ アビーは婚約者カルヴィンの運転で妹のレベッカと共に、人里離れた湖畔の別荘に向かう。目的はアビーたちの母親の遺灰を思い出の場所の湖に撒くためだった。

レベッカは16歳の時彼氏のチャックに誘拐された。発見されたときレベッカは妊娠していて母親が中絶させた。その後、レベッカは母親と暮らしていた。アビーとレベッカが会うのも、別荘に行くのもその時以来だった。

別荘に着いてすぐ、アビーとレベッカは母親の遺灰を湖に撒いた。

翌日、アビーは森で飛行機の破片のようなものとボール大の黒い球体を見つける。アビーは手の平にけがをする。レベッカが気を失う。意識をとりもどしたレベッカは昔の事件の真相をアビーに話した。

レベッカの話を信じられないアビーは昔レベッカを中絶した医師を訪ねた。アビーは妊娠していた。
・・・・・・



・ 監督: ジェレミー・バーグ
・ 出演: アンジェラ・デェマルコ 、 デヴィッド・S・ホーガン 、 ケイト・オルデン 、 ラッセル・ホジキンソン

■ザ・メッセージ 地球侵略 The Device (2014) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

亜人 (2017、日本) ★
 永遠に生き続けられる新人類「亜人」と人類の戦いに、人類の味方をする亜人が加わる。
 亜人を殺すと生き返るので麻酔薬で眠らせて拘束しようとする人間と、その人間の裏をかいて自ら死んでリセットしようとする亜人。両者の知恵比べも面白いが、人間に味方する亜人が加わってより複雑になる。
 リアルな映像は出てこないが自ら自分の手を切断するようなショッキングなシーンもあるし、やたら人を殺すし自殺する映画で子供にはあまり見せたくない。

□ 死ぬとその場で肉体が再生して生き返る「亜人」が世界で46人、日本で2人発見されていた。
 難病の妹のために医師を志していた研修医の永井圭はトラック事故に会い国内3人目の亜人と判明、亜人を保護する「亜人研究所」に収容される。しかし研究所では保護するどころか繰り返し使える便利な献体として、殺しては生きかえらせる残酷な人体実験が繰り返し行われていた。
 過去に研究所を脱走した2人の亜人、佐藤と田中が研究所を襲い永井を救出する。永井は佐藤に仲間に誘われるが、ゲームのように無抵抗の研究所員を殺していく佐藤についていけず永井はひとりで逃げる。
 永井の妹慧理子の病室が亜人に襲われるが、亜人対策を指揮する戸崎(とさき)の護衛の下村泉が慧理子を守った。
 マスコミの前に姿を現した佐藤は研究所の実態を公表し「亜人特例区」を要求する。政府が要求に応じなかったため佐藤は亜人対策の要である厚生労働省を壊滅させると予告した。
 予告の日、厚生労働省のビルは厳重に警備され周辺にマスコミが集まっている中で佐藤は予告通り厚生労働省を壊滅させた。
 佐藤は要求を拡大させ「亜人特例区として東京都を明け渡すように」要求。さもなくば毒ガスの特殊神経ガスAJVXを撒くと脅した。
 AJVXを保管しているのは開発元のフォージ重工業一カ所だった。
 ・・・・・・


・ 監督: 本広克行
・ 原作コミック: 桜井画門
・ 出演: 佐藤健、 綾野剛、 玉山鉄二、 城田優、 千葉雄大、 川栄李奈、 浜辺美波

> 亜人評論家として大林宜彦監視区が出演していた。
> ひさしぶりに川栄李奈を見た。



■ 亜人 (2017、日本)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

レッド・ダイヤモンド (2016) ★
ブルース・ウィリスも出演しているけれどゲスト的な役で、主演はマーク=ポール・ゴスラーという俳優の犯罪映画。DVDで観た。

ボスのエディ(ブルース・ウィリス)はかなり恐ろしい男という設定だが、いろいろかき回すのは性悪女のカレン。

ジャックとローガン(女性)の関係が不思議。ローガンはかなり男っぽい性格ではあるけれど、ふたりの間に異性としての関心はないらしい。


□ ジャックが動物医のジェナと寝ているところに昔の女カレンが現れる。ジャックの子を妊娠しているカレンは、ボスのエディに大金を支払わなければ殺される。
 カレンはかなり性悪な女だったが、ジャックはカレンを助けることにする。パートナーのローガン(女性)も嫌々協力する。
 ジャックたち4人は、宝石輸送トラックを襲撃するが、武装した3台の車に追われる。ローガンが重傷を負い動物医のジェナが手当てをする。
 カレンはCIAが5億ドルのレッド・ダイヤモンドを輸送する情報を持っていた。
 ・・・・・・


・ 監督: マックス・アダムズ
・ 出演: マーク=ポール・ゴスラー、 ブルース・ウィリス
     クレア・フォーラニ、ダニエル・バーンハード、ニック・ローブ、ジョン・ブラザートン 、ジェナ・ケリー

■ レッド・ダイヤモンド PRECIOUS CARGO (2016/2017)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

今週末公開される映画  2017/10/06,07
【今週末から日本で公開されるおもしろそうな映画】  

 バッド・ウェイヴ 

ブルース・ウィリスのアクション・コメディ
原題が"ONCE UPON A TIME IN VENICE"なのでヴェネツィアが舞台かと思ったらロサンゼルスのベニス・ビーチの事らしい。
            ジョン・グッドマン、 ファムケ・ヤンセン
予告編の日本語で「世界一ついていない男」と連呼しているのは30年も昔の「ダイ・ハード (1988)」の事。
ブルース・ウィリスは「狼よさらば (1974) 」のリメイクに主演して11月米国公開


【今週末から米国で公開されるおもしろそうな映画】

 ブレードランナー2049 (2017)     日本では10月27日公開

(掲載しているのは私が興味を持った映画の原語版のみ。未見の映画についての記載内容は予告編や公式サイトなどから得た情報を基にした“推測”で、間違っている可能性があります。)


テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

イレブン・ミニッツ (2015、ポーランド) ★
午後5時00分。ワルシャワのあちこちにいる人たちの運命が11分後に交差する。DVDで観た。

何度か観てひとりひとりの行動を分単位で検証したらおもしろいかもしれないが、監督と女優とその夫のように出番の多い人物以外の行動は一度見ただけではよくわからなかった。空に浮かぶ黒い点や犬目線の映像も意図がわからない。


□ 午後5時00分
 ホテルの部屋で映画監督のリチャードは電話線を抜きカメラをセットし面接にやってくる女優のアニャを待つ。アニャが部屋に入ると気づかれないように「DO NOT DISTURB」の札をドアノブにかけた。
 目覚めたアニャの嫉妬深い夫はあわてて服を着ながらホテルに向かって駆ける。救急車が通り過ぎる。
 ホットドッグ屋は客の尼僧たちと世界一長いホットドッグの話をしている。少女が男を見ている。
 公園で犬を連れた男がベンチの女に話しかける。男は犬を女に渡しバイクに乗った。
 救急車がアパートに着く。階段がふさがれていて上がれない。階段の途中で上半身裸の男が悪態をついている。
 部屋に駆け込んできた女がベッドの男に抱きつく。
 階段でたばこを吸っていた若い男がたばこを投げ捨て質屋に押し入る。
 川岸で老人が橋の絵を描いている。橋から人が飛び降りる。
 ・・・・・・
 午後5時11分
 ・・・・・・


・ 監督: イエジー・スコリモフスキ
・ 出演: リチャード・ドーマー、パウリナ・ハプコ、ヴォイチェフ・メツファルドフスキ、アンジェイ・ヒラ、ダヴィッド・オグロドニック、アガタ・ブゼク、ピョートル・グロヴァツキ、ヤン・ノヴィツキ、マテウシュ・コシチュキェヴィチ

■イレブン・ミニッツ 11 MINUTES (2015/2016、ポーランド/アイルランド、ポーランド語/英語)


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ナミヤ雑貨店の奇蹟 (2017,日本) ■
何度も見せられた予告編から覚悟していたほどひどくはなかったけれど感動作には程遠い。

いくつかのエピソードから成り立っているけれど、シャッターの両側で32年間の時差のある他人同士が実はつながっていたというパターンの焼き直し。人目を避けたい少年たちが人気のない夜の町で大光量の懐中電灯を振り回しながら大声で駆けまわっているのはおかしい。青年がミュージシャンを続けた結果についてもすなおに喜べない。子犬へのアドバイスは異質でインチキ。すべてが丸光園に結び付けられているのが奇蹟というより無理やりを感じた。原作を読んだら別の感想を持つのかもしれない。

時を隔てて手紙をやりとりする映画に韓国映画「イルマーレ(2001)」、およびその米国版リメイク「イルマーレ(2006)」がある。

□ 2012年。夜、女性社長の屋敷に強盗に入った3人の少年は逃走用に用意した車が動かずあらかじめ目をつけていた今は空き家の「ナミヤ雑貨店」に隠れる。
 シャッターから封筒が投げ入れられる。内容はミュージシャンを目指して大学を辞めたものの3年間芽が出ず父親の魚屋を継ごうか悩んでいる青年の悩み相談で、日付は1980年だった。
 店内にあった古い雑誌によれば店主が健在だった1980年ごろまでナミヤ雑貨店は悩み相談所でもあった。悩み事を書いた手紙を夜間シャッターから投函すると店主が書いた返事が店の脇の牛乳箱に入れられた。
 3人はミュージシャンに返事を書いて牛乳箱に入れた。するとミュージシャンからまた手紙が入ってくる。ミュージシャンはシャッターの向こう側で自作の曲をハーモニカで演奏した。その曲は3人が知っている曲だった。1人が外に出てみるがシャッターの外には誰もいない。でも店の中に戻ると曲が聞こえる。
 ナミヤ雑貨店の店主の息子夫婦は老いた父親を気遣って店を閉めて一緒に住もうと言っていた。店主は自分の返事がみんなの役に立ったのか気になっていた。

 ・・・・・

・ 監督: 廣木隆一
・ 原作: 東野圭吾『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(角川文庫刊)
・ 出演: 山田涼介、 村上虹郎、 寛一郎、 西田敏行、
   林遣都、 成海璃子、 門脇麦、 鈴木梨央、 山下リオ、 手塚とおる、 萩原聖人、 小林薫、 吉行和子、 尾野真千子

■ ナミヤ雑貨店の奇蹟 (2017,日本)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ロスト・レジェンド 失われた棺の謎 (2015、中国) ★
巨大な中国地下古代遺跡を舞台にVFXを駆使したアトラクション・ムービー。DVDで観た。

□ 1000年の昔、中国には皇帝のために古代遺跡を探し宝物を回収する「探金官」がいた。

 1969年 内モンゴルに入った紅衛兵の一隊に探金官の血を引くフー・バーイーとワンがいた。ふたりは可愛いディンに夢中だった。
紅衛兵たちは日本軍の地下基地と古代遺跡を見つける。フー、ワン、ディンは彼岸花の模様を見つけた。紅衛兵たちが遺跡の破壊を始めるとミイラ化した日本兵の死体が襲ってきた。大爆発が起きフー・バーイーとワンだけが助かった。

 1988年 フーとワン、同じく探金官のシャーリーはニューヨークにいた。
 ワンは契丹国遺跡発掘のプロジェクトに誘われる。ワンは資料の中に彼岸花の模様を見つけ発掘に協力することにする。
 ワンは20年前の遺跡を見つけ、発掘隊は地下に入る。フーとシャーリーもやってくる。
 フーの前にディンが現れる。
 ・・・・・


・ 監督: ウー・アールシャン
・ 原作: 天下覇唱"Tianxi Bachang" 「鬼吹灯」
・ 出演: チェン・クン、 ホァン・ボー、 スー・チー、 アンジェラベイビー、 シア・ユイ、 リウ・シャオチン
> タイトルは中国語と英語で映された。

■ロスト・レジェンド 失われた棺の謎 寻龙诀 MOJIN-THE LOST LEGEND (2015/2017、中国) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

パージ:大統領令 (2016) ★
一年に一晩、どんな犯罪を犯してもかまわないと言うパージ(浄化)が施行されたアメリカという国。これによって人々は日ごろたまった不満や鬱憤を発散し残りの日々を穏やかに過ごすことができるというのが政府の言い分だが、主に標的になるのは銃も買えない貧困層。

残虐な殺戮シーン満載の「パージ (2013)」「パージ:アナーキー (2014)」に続くシリーズ第3弾。DVDで観た。


□ 大統領選挙が迫った米国。パージ法は貧困層を殺す殺人を公認。貧困層を減らすことによって福祉、医療費、住宅供給を削減しパージを推進するNFFA(新しい建国の父)は莫大な利益をあげているという批判が高まっていた。反パージの気運は大統領選挙にも影響を与えている。
 18年前パージによって家族全員を殺されたチャーリー・ローン♀上院議員はパージ廃止をかかげて大統領に立候補している。
 NFFAは今年のパージを利用して春の大掃除を決めた。

 ローンは警備のレオ・バーンズの忠告を無視してパージの夜は自宅で過ごすと言い張る。やむなくレオはできるかぎりの防衛設備で家を守り護衛や狙撃手たちを配置する。
 スペイン、デンマーク、南ア から若者たちが人殺しを楽しもうと米国にやってくる。
 ジョーの店はバージ保険をかけていたがパージの前日になって保険会社が保険料の値上げを通告してきたため自分で店を守ることにする。店員のマルコスも協力する。

 ついにパージが開始された。
 内部の裏切りでローンの自宅にNFFAの傭兵たちが侵入、レオが配置した護衛や狙撃手たちが殺され、レオがひとりでローンを守ることになる。レオは肩を撃たれるがなんとか外に逃げた。しかしふたりは白人至上主義者たちに捕まり殺されそうになる。
 ふたりはジョーとマルコスに助けられ、ジョーの店に隠れる。
 今度は略奪者たちがジョーの店を襲ってきた。 
 ・・・・・・


・ 監督: ジェームズ・デモナコ
・ 出演: フランク・グリロ、 エリザベス・ミッチェル、 ミケルティ・ウィリアムソン、 ジョセフ・ジュリアン・ソリア、 ベッティ・ガブリエル、 テリー・セルピコ、 エドウィン・ホッジ

■パージ:大統領令 THE PURGE: ELECTION YEAR (2016/2017) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ユリゴコロ  (2017、日本)  ★★
老いた父親の書斎でみつけたのは子供の頃から殺人を繰り返してきた女性の告白手記。これは本物なのかフィクションなのか、誰が書いたのか?
 原作も“まほかるブーム?”もまったく知らないけれど、なかなか怖くて面白かった。
 “あなたのやさしさには容赦がありませんでした”というコピーに感嘆
 美紗子のクールさに対して、亮介は騒ぎすぎ。似ていると感じさせるべきではないのだろうか。


 保養地の山荘風の小さなレストランを経営する柳原亮介は、開店準備段階からの従業員の千絵と婚約する。喜んでいた千絵が忽然と姿を消す。
 亮介が幼いころに母親は亡くなり老いた父親はすい臓がんを患っていた。父親の留守中に書斎に入った亮介は「ユリゴゴロ」と書かれた大学ノートを見つける。ノートには段落もなくぎっしりと文字が書かれていた。その内容はひとりの女性の子供のころからの殺人手記だった。そのおぞましい内容に衝撃を受けるものの、亮介は夢中になる。
 亮介を千絵の友人だという女性、細谷が訪ねてくる。細谷は千絵と偶然会い、事情があって今は会えないという亮介宛の伝言を頼まれていた。
 ノートの女性は街娼となる。お金が尽きたころ洋介という青年と出会う。洋介は女性の身体を求めようともせずにお金をくれ食事をおごってくれた。やがてふたりは結婚し子供も生まれる。
 細谷からの情報で千絵がヤクザに監禁されていることがわかる。亮介はヤクザを殺して千絵を奪い返したいと考える。
 ・・・・・


・ 監督: 熊澤尚人
・ 原作: 沼田まほかる
・ 出演: 吉高由里子 美紗子
     松坂桃李、 松山ケンイチ、 佐津川愛美、 清野菜名、 清原果耶、 木村多江
> 美紗子と洋介がであったころ「赤玉ポートワイン」の看板がある。

? 原作ではどうなっているのか気になるところが一点あった。ネタバレになるので追記にする。

■ ユリゴコロ (2017、日本)

[ >>>続きを読むにはクリック! ]

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

スイス・アーミー・マン (2016) ■
スイスアーミーナイフ 無人島で孤独のあまり死にかけていた青年が死体と遭遇する。腐乱しかかったこの死体はスイス・アーミー・ナイフ(写真)のようにいろんな機能でハンクを助けてくれる。ふたりの間に友情が生まれる。
 一応コメディだけど、私には笑いよりも不快を感じる場面の方が多かった。

□ 無人島にただひとり。さびしさのあまり首を吊ろうとしたハンクが見たのは海岸に打ち上げられた男。男は死んでいたが体にガスがたまっているらしく水に浮き肛門からガスを噴出して水上オートバイのようにハンクを陸地に運んだ。
 しかし近くにゴミは捨てられているものの人家はなくどちらに進めば助かるのかもわからない。やはりさびしさから抜け出せないハンクは無理やり死体にしゃべらせようとすると、死体はメニーと名乗った。
 ハンクはバスで見かける女性に恋していたが内気で話しかけたことはない。メニーに女性の写真を見せるとメニーのナニが立って女性の方角を示す。
 ・・・・・


・ 監督: ダニエル・シュナイナート,ダニエル・クワン
・ 出演: 
   ポール・ダノ        ...... ハンク
   ダニエル・ラドクリフ       ...... メニー
   メアリー・エリザベス・ウィンステッド ...... サラ

■スイス・アーミー・マン SWISS ARMY MAN (2016/2017) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

タイムトラベラーの系譜 サファイア・ブルー (2014、ドイツ) ★
ドイツのベストセラー小説三部作の2作目、DVDで観た。
一作目ルビー・レッドのDVDではタイトルもクレジットも英語だったが、本作のDVDではドイツ語だった。登場する書籍「緑の騎士」は英語。三作の物語はつながっているので順番に観た方が良い。

 ドイツ原作/映画だけど舞台はロンドン。
 ド・ヴィリエ家とモントローズ家に生まれるタイムトラベラーは全部で12人。最後の12人目のトラベラー、グウェンドリン(ルビー)は特別な力を持つらしい。18世紀にサンジェルマン伯爵が設立した監視団がタイムトラベルを管理している。9、10番目のポールとルーシー(サファイア)は監視団に逆らって、タイムトラベルに必要なクロノグラフを盗んで過去に逃げた。
 監視団はクロノグラフに12人の血を集め血の輪を完成させようとしている。
 グウェンドリンも監視団が横暴と感じ彼らの目的に疑念を抱いている。ギデオンは監視団に服従している。見解の相違はあるもののふたりは恋人関係になっている。果たしてギデオンの愛は本物なのか?

 エンドクレジット中に映像あり


□ 1609年、ロンドン:ルーシーとポールはサンジェルマン伯爵が最初のトラベラー、ランスロット(琥珀)を殺したのを目撃した。

 1912年 ハイド・パーク; グウェンとギデオンは、ポールとルーシーに再び会う。ルーシーはグウェンに『緑の騎士』があなたを導く」と言った。
 グウェンにはセメリウス(ガーゴイルの悪魔)が見えて対話できるが他の人には見えない。

 グウェンはひとりで1953年に飛ばされる。そこにはグウェンの祖父ルーカス(まだ34歳で独身)がいた。ルーカスは「血の輪が完成したら、力を得た”鷲”が人類を病や死から救うらしい」と言った。

 現代:  グウェンは書籍「緑の騎士」を手に入れる。中にはたくさんの数字が書かれていて暗号らしい。

 1950年、グウェンはギデオンと・・・

 1912年に飛んだギデオンはいるはずのないグウェンがポールと抱きしめ合っているのを見つける。

 1783年 ギデオンとグウェンは夜会でサンジェルマン伯爵と対面する。

   ・・・・・



・ 監督: フェリックス・フックシュタイナー
・ 原作: ケルスティン・ギア
・ 出演: 
   マリア・エーリック    ....................... グウェンドリン・シェパード
   ヤニス・ニーヴナー   ....................... ギデオン・ド・ヴィリエ

■タイムトラベラーの系譜 サファイア・ブルー Saphirblau (2014、ドイツ)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

今週末公開される映画  2017/09/29,30
【今週末から日本で公開されるおもしろそうな映画】  

 ドリーム (字幕版)    金曜日公開

人種差別女性差別が当然と思われていた1960年代初め。人工衛星の軌道計算は電子計算機ではなく人間が行っていた。
アポロ計画に貢献した3人の黒人女性数学者の実話。
    タラジ・P・ヘンソン、 オクタヴィア・スペンサー、 ジャネール・モネイ、 ケヴィン・コスナー、 キルステン・ダンスト

 亜人 (日本) 09/30

 米国映画も日本映画もコミックスの実写版だらけ。これも日本の大ヒット・コミックスの実写版。
 決して死なない新人類“亜人”として追われる主人公が、亜人対人類の戦いに巻き込まれる。
        佐藤健、 玉山鉄二、 城田優、 千葉雄大、 川栄李奈 下


【最近気になる公開予定の映画】

 トゥームレイダー(原題)  2018年3月米国公開

アクションゲームの映画版。かってアンジェリーナ・ジョリー主演で2001年に公開された「トゥームレイダー (2001)」のリメイク。
今回のララ・クラフト役はオスカー女優のアリシア・ヴィカンダー。アンジェリーナ・ジョリーに比べて、可愛いけれど線が細いのが心配。


【今週末から米国で公開されるおもしろそうな映画】

 フラットライナース(原題)

「死ぬにはいい日和だ"Today is a good day to die"」   人は死んだらどこに行くのか? 5人の医学生たちが自分たちで死の世界を確認しようとする約30年前の映画「フラットライナー (1990)」の続編。   
   エレン・ペイジ、前作に出演したキーファー・サザーランドも出演している。


(掲載しているのは私が興味を持った映画の原語版のみ。未見の映画についての記載内容は予告編や公式サイトなどから得た情報を基にした“推測”で、間違っている可能性があります。)

テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画