FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
バクラウ 地図から消された村 (2019) ★
有力者に逆らった小さな村バクラウは村ごと抹消されそうになる。村人たちは銃を持った襲撃者たちに立ち向かう。DVDで観た。

□ 今から数年後…
 ブラジル ペルナンブコ州西部の小さな村バクラウ
 村の長老格のカルメリータが死去し、村を離れていた人たちも集まってくる。葬儀が終わり村には日常が戻った。

 学校で子供たちに地理を教えていた教師は衛星写真からバクラウが消えていることに気がついた。

 騒々しい音楽と共にセラ・ヴェルデの市長候補トニー・ジュニアがやってくるが、村人たちの姿はなかった。トニーはダムを封鎖して村への水の供給を止めるなどして村と対立している。トニーは自分への投票を呼び掛けた。

 村の近くで空飛ぶ円盤みたいなドローンが目撃された。
 村に水を運んできたタンクローリーのタンクに銃弾が撃ち込まれていて水が漏れていた。
 村から離れているマネリート農場の馬がバクラウに走りこんできた。
 フルフェイスのヘルメットにカラフルなウェアを着たカップルがバイクで村に来て去っていった。村から電波が消えた。

 廃家に英語を話す10人ほどの連中が集まっていた。リーダー格はマイケル。彼らはバクラウ襲撃を相談している。

 村の男パコッチはマネリート農場が皆殺しにされているのを確認した。農場の様子を見に行って殺された2人は村出身のお尋ね者のルンガの親せきだった。村に戻ってきたルンガは歓迎された。ルンガは襲撃に備えて準備を始める。
 村への電気が絶たれた。子供が殺される。殺した男は仲間に青年だったと言い張った。
 車で村を逃げ出した夫婦は待ち伏せされて殺された。

 銃を持った襲撃者たちは散開して徒歩で村に接近した。
 村には人影がない。
 殺された村人たちの衣服が洗濯物のように吊るされている。その中には幼い子供用のものもあった。
 たくさんの棺桶を積んだトラックが村に着いた。
  ・・・・・

 トニー・ジュニアが意気揚々とやってきた。教会の前にはたくさんの首が置かれていた。
 囚われたマイケルが「トニー、アミーゴ、カネを払え!」と叫んだ。
  ・・・・・


・ 監督: クレーベル・メンドンサ・フィーリョ、ジュリアーノ・ドルネリス
・ 出演: バルバラ・コーレン、トーマス・アキーノ
         ソニア・ブラガ、ウド・キア

■バクラウ 地図から消された村 BACURAU (2019/2020,ブラジル/フランス、ポルトガル語/英語)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6659-913d2d63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)