FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ファブリック (2018, 英国) ■
交際相手を求めるシーラはセクシーな赤いドレスを買う。DVDで観た。
 ごく平凡なシングルマザーが怪奇な現象に巻き込まれる。この映画の世界観は私には苦手。
 映画の時代は不明だが、TVが4:3だったり気送管が使われたりしている。交際相手を探すのも新聞広告。携帯電話はもちろんなく古風な電話機が使われている。

□ 銀行の窓口係のシーラは離婚し息子のヴィンスと暮らしている。元夫は新しい女を作り、ヴィンスにもグウェンという恋人がいる。
 新しい出会いを求めるシーラはデートのためにデパートで赤いドレスを買った。サイズは36でシーラには小さすぎるはずだったが丁度良かった。交際候補者のアドニスとのデートはうまくいかなかった。シーラは肌に発疹ができているのに気付いた。
 シーラが赤いドレスを洗濯機に入れると、洗濯機が暴れだして崩壊しシーラは怪我をした。
 別のドレスを買いにデパートに行ったシーラは、デパートのカタログに載っている赤いドレスを着たモデルが死んだと知る。ドレスは一着しかなくシーラが買ったのは死んだモデルが撮影時に着たドレスだった。
 シーラは新しい相手のザックと会っている。手足を縛ってヴィンスとsexをしていたグウェンは赤いドレスに殺されそうになった。
 ザックと散歩していたシーラはジャーマン・シェパードに襲われた。シーラは足に怪我をして赤いドレスはズタズタに切り裂かれた。シーラはボロボロになった赤いドレスを捨てようとするが、赤いドレスは新品同様になっていた。
 シーラは赤いドレスをデパートに返品しようとするが拒否された。車を運転していたシーラは事故で死んだ。

 夜、悪友たちと飲んでいたレジ・スピークスは悪友が買った赤いドレスを着せられた。深酔いしたレジは婚約者のバブスに起こされた。レジの肌に発疹ができていた。
 バブスは赤いドレスを着てみた。サイズは36でバブスには小さすぎるはずだったが丁度良かった。バブスはドレスを洗濯機に放り込んでレジと出かけた。バブスは自分の肌に発疹ができているのに気付いた。帰宅すると洗濯機が崩壊していた。
 赤いドレスを着てデパートに行ったバブスは追い出されそうになった。
 自宅でテレビを見ていたレジはガスの不完全燃焼で死んだ。
 デパート内で客同士の喧嘩をきっかけに略奪騒動が起き。赤いドレスに火がついて燃え広がった。バブスは試着室に閉じ込められて死んだ。
 デパートの地下では、シーラ、レジ、バブスがミシンで赤いドレスを縫っている。


・ 監督・脚本: ピーター・ストリックランド
・ 出演: マリアンヌ・ジャン=バプティスト、シセ・バベット・クヌッセン、レオ・ビル
      ジュリアン・バラット、スティーヴ・オーラム、グウェンドリン・クリスティー、バリー・アダムソン、ファトマ・モハメッド

> シーラの家の電話番号は"01632"から始まる。英国ではドラマなどに使われる架空の番号とされているらしい
> グウェン役のグウェンドリン・クリスティーは「ゲーム・オブ・スローンズ(TV2012-2018)」で女剣士を演じていた。

■ファブリック IN FABRIC (2018/2021, 英国) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6658-cb10bcad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)