FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
アーカイヴ (2020、英国) ★
近未来。死んだ人の心をアーカイブ(保存)して電話機を通じて会話することができる。ただし保存期間に制限がある。
男は人間そっくりの人工知能ロボットを開発し、死んだ妻の心を移そうとしている。成功すればいつまでも妻といられる。DVDで観た。

□ ジョージ・アルモアは山奥の研究所でただひとりでロボットを開発している。ジョージがこれまでに開発したロボットJ1,J2は不格好で話すこともできないと上司のシモーヌに思わせているが実は高い知能を備えていて、J2は話すこともできる。
 J2はジョージがさらに新しいロボットを開発していることに気づいている。新しいロボットが完成すれば自分はジョージの関心を失ってしまうと落ち込んでいる。

 ジョージは交通事故で妻のジュールスを失った。ジュールスは死んだが心はアーカイブの中で生き続けていて電話を通じて話すことができる。しかしもうすぐ契約が切れる。

 ジョージが開発した新しいロボットJ3は人間の女性そっくり。ジュールスの事を知ったJ3は、自分がジュールスに似せて作られていることに気づいた。ジョージは、アーカイブのジュールスをJ3に上書きしてダウンロードするつもりなのだ。その時、J3の心は消えてしまう。

 J3は心を決めた。ジョージはジュールスをJ3にダウンロードした。
 目覚めたジュールスはジョージを見て「ジョージ?」と言った。

 アーカイブの電話が鳴った。アーカイブのジュールスは消えたはずなのに。
      ・・・・・


・ 監督: ギャヴィン・ロザリー
・ 出演: 
    テオ・ジェームズ      ... ジョージ・アルモア
    ステイシー・マーティン   ... ジュールス / J3 /J2 (声)
    ローナ・ミトラ         ... シモーヌ
    トビー・ジョーンズ       ... ヴィンセント・シンクレア

【映画の中の日本】   ディスプレイや扉、壁などに「平和」「山梨県」「人工知能」「家」「ど」「スレーブ」等々の文字。日本語を使いたいわけではなく、見慣れない文字を使いたかったのだろう。

■アーカイヴ ARCHIVE (2020/2021、英国) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6657-142bab6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)