FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
毒薬と老嬢 (1944)
結婚して新婚旅行に行く前に優しい叔母さんたちに報告に行ったモーティマーは、叔母さんたちが12人もの老人を殺したことを知った。叔母さんたちは身寄りのない孤独な老人を救ったと大満足。モーティマーは叔母さんたちの犯罪を隠し、これ以上の殺人をさせないために奔走する。原作は舞台劇で、約80年前の映画。「八つ墓村 (TV1978)」の台詞に出てきたのでDVDで観た。

私には二枚目俳優のイメージのあるケイリー・グラントが椅子と一緒にひっくり返ったり顔芸見せたりのコメディをしている。


□ ハロウィン 午後3時
 演劇評論家で劇作家のモーティマー・ブルースターはエレイン・ハーバーとの婚姻届けを提出した。

 モーティマーの叔母たち、アビーとマーサ姉妹はブルックリンの裕福な人々が暮らす地域に住んでいる。地域の警察官やハーパー神父は叔母たちを誰よりも優しく心の温かい人たちと思っている。自分のことをテディ(セオドア・ルーズベルト大統領)だと信じているモーティマーの兄も同居していて、モーティマーはテディを療養所に入れようと考えている。他に乱暴者の兄ジョナサンがいるが行方不明。
 モーティマーは新婚旅行でナイアガラに行く前に結婚を報告するために叔母たちの家に立ち寄った。エレインは隣の教会に住む父親に会いに行った。
 モーティマーは窓際に置かれた箱の中の死体を見つけた。てっきり頭のおかしいテディの仕業と考えるが実は叔母たちが毒入りワインを飲ませて殺したことがわかる。しかも叔母たちは身寄りのない孤独な老人を救ってあげたと考えている。今までに12人の老人たちを殺し、テディが地下室に掘ったパナマ運河(墓穴)に埋葬してきた。
 モーティマーは叔母たちにこれ以上殺人をさせないためにまずテディを療養所に入れようとする。モーティマーは書類に署名をもらうために判事に会いに出かけた。

 整形手術でボリス・カーロフ(フランケンシュタイン役の俳優)そっくりの顔になったジョナサンが形成外科医のアインスタイン博士を連れてやってくる。テディが掘っている地下室のパナマ運河を見たアインスタイン博士は、車の中の死体を隠すのにちょうどいいと喜んだ。
 夕食後、暗くなった部屋でテディが窓際の箱の中の死体を地下室に運んだ。ジョナサンとアインスタインは、車の中に隠していた死体を窓から入れ窓際の箱の中に隠した。モーティマーが帰ってきてジョナサンといがみ合った。
 ふたりの叔母たち、ふたりの兄弟、みんなおかしい。ブルースター家は異常な家系、自分もそうなるだろう。モーティマーはエレインに愛しているけれど結婚できないと告げた。
 ジョナサンは自分が持ち込んだ死体を叔母たちの死体と一緒に埋めようとしている。怒った叔母たちは警察に言いつけようとする。叔母たちの犯罪を隠したいモーティマーは叔母たちを引き留めるのに必死。

 叔母たちの莫大な遺産を狙っているジョナサンは邪魔なモーティマーを殺そうと椅子に縛り付け猿轡をした。
 自分で戯曲を書いているオハラ巡査がやってきて、縛られて猿轡されているモーティマーに話始める。
 オハラ巡査を殺そうとしたジョナサンの頭をアインスタインが自分の靴でなぐって気絶させた。
 意識を取り戻し、自分が捕まったと勘違いしたジョナサンは、地下室に13体の死体があるとしゃべったがオハラ巡査たちは本気にしない。
 テディを療養所に入れようとやってきたルーニー警部補は、ジョナサンが凶悪な指名手配犯と見破り連行させた。しかし警部補も地下室の13の死体は信じない。
 療養所のウィザーストーン氏がテディを迎えに来る。叔母たちはテディが療養所に入るなら自分たちも一緒に入りたいと言い出す。
 療養所にいくことになった叔母たちはモーティマーの実の両親はブルースター家ではないと話した。つまりモーティマーにブルースター家の異常な血は流れていない。
 モーティマーは地下室で死体を見つけて悲鳴をあげるエレインの口をキスでふさいで新婚旅行に連れ出した。


・ 監督: フランク・キャプラ
・ 原作戯曲: エレイン・ハーバー・ブルースター
・ 出演:
    ケイリー・グラント        ... モーティマー・ブルースター
    プリシラ・レイン         ... エレイン・ハーバー・ブルースター
         レイモンド・マッセイ、ジャック・カーソン、エドワード・エヴェレット・ホートン、ピーター・ローレ、ジェームズ・グリーソン
・ モノクロ/スタンダード

> ボリス・カーロフ(映画でフランケンシュタイン役)そっくりのジョナサン・ブルースター役は、舞台ではボリス・カーロフが演じた。

◆毒薬と老嬢 ARSENIC AND OLD LACE (1944/1948)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6633-2c33c57c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)