FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
スター・トレック:ピカード VOL.1-5 (TV2020)
エンタープライズの元艦長ピカードが再び宇宙へ。シーズン1全10話のうち第9~10話をDVD1枚で観た。

 DVDには特典映像として舞台裏や未公開シーンに加えて、特殊メイク、小道具、セット、仲間となる配役、NG集等が収録されている。


【1-9】Et in Arcadia Ego, Part 1

 ラ・シレーナはグリオン星系第4惑星コッペリウスに接近する。追跡してきたナレクが攻撃してくる。交戦中にボーグ・キューブが出現する。いずれも惑星から発進された巨大な花に包み込まれ無力化され墜落する。ラ・シレーナは損傷なく着陸したがパワーが失われている。ピカードは不治の病で末期状態だと告白した。巨大なキューブは地面に激突し壊れていたがエルノアやセブンは生きていた。キューブの長距離センサーがロミュラン艦隊の接近を知らせる。ピカードはエルノアにキューブの防御システムの復旧を命じた。

 ピカード、ソージ、アグネス、ラフィ、リオスは歩いて人工生命たちが住む拠点に着いた。
 ソージの友人アルカナ、外見は老いたデータのスン博士、肌の色以外はソージそっくりのスートラたちがいた。
 ソージはロミュランの艦隊が迫っていることを伝えた。コッペリウスの巨大な花の防御は最小限で攻撃されればひとたまりもない。
 スートラはロミュランの“警告の輪”は有機体(人間)ではなく人工生命に向けたメッセージではないかと考えたスートラは高度な人工生命を呼び寄せて有機体を壊滅させようと考える。
 拘束されていたナレクが見張りのサーガを殺して逃亡した。スートラは有機体は危険だとしてピカードを監禁させた。


【1-10】Et in Arcadia Ego, Part 2
 スートラは高度な人工生命を呼び寄せるための通信塔をソージに建設させている。アグネスがピカードを脱走させラ・シレーナに戻る。ピカードはラ・シレーナを発進させた。
 スン博士はサーガの記憶を再生しサーガを殺したのはナレクではなくスートラだと知りスートラを停止させる。しかしスートラに感化されたソージは通信塔の建設を続ける。
 ナレクはリオスとラフィに高度な人工生命に皆殺しにされないために手を組もうと提案、エルノアも加わる。4人は通信塔を破壊するために協力するがソージに阻止される。
 オウ将軍率いるロミュラス艦隊が出現する。ソージは巨大な花を発進させるがロミュラスの攻撃で長くはもたない。
 ピカードはソージに通信をやめるように自分の命をかけて説得する。
 ロミュラス艦隊の前に正体不明の大艦隊が出現しオウは攻撃を命じる。(アグネスが時間稼ぎのためにコッペリウス技術を応用して作りだしたラ・シレーナの幻影だった。)
 通信塔が完成しソージは信号を発信開始する。
 臨時艦長ライカー率いる連邦艦隊が到着する。ロミュラン艦隊と連邦艦隊が攻撃態勢で相対した。
 死期が近づいたピカードはソージに対して最後の説得を試みる。ピカードの言葉をオウもライカーも聞いている。ソージは送信を停止した。
 ロミュラン艦隊も連邦艦隊も引き上げた。
 ソージはピカードとアグネスを地上に転送する。ピカードは死去した。惑星連邦は人工生命の禁止令を解いた。

 ピカードは超複合量子シミュレーションの中でデータと再会した。
 スン博士とアグネスはピカードの脳神経のイメージを人工生命の肉体(不死ではない)に転写した。
 新しい肉体を得たピカード、リオス、ラフィ、アグネス、ソージ、エルノア、セブンも乗ったラ・シレーナは発進"Engage"した。



出演:
 パトリック・スチュワート   ... ジャン=リュック・ピカード
 アリソン・ピル        ... アグネス・ジュラティ博士
 イサ・ブリオネス       ... ソージ・アーシャ
 エヴァン・エヴァゴラ     ... エルノア
 ミシェル・ハード       ... ラフィ
 サンティアゴ・カブレラ    ... リオス
 ハリー・トレッダウェイ    ... ナレク
 ジョナサン・フレイクス    ... ウィリアム・T・ライカー
 ジェリ・ライアン       ... セブン(アニカ)
 ブレント・スパイナー     ... スン博士/データ

●スター・トレック:ピカード STAR TREK: PICARD VOL.1-5 (TV2020)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6631-b49421b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)