FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ジャッジ・ドレッド (1995)
英国コミックの映画版。崩壊した未来の地球、かっての米国北東部にあるメガシティ・ワンは人口が密集し秩序は崩壊している。警察官・裁判官・執行者を兼ねる「ジャッジ」たちが街の治安を守ろうとしている。DVDで観た。

□ 第3ミレニアム。地球は有毒な砂漠で覆われ“呪われた地”と化した。いくつかの巨大都市に数百万の人々が密集して暮らしている。メガシティ・ワンでは重火器を装備した無法者たちが暴れまわり暴動は日常茶飯事。街に平和を取り戻すために新しい制度が生まれた。選ばれたジャッジ"The Jadge"は逮捕から処刑まで、全権限を持つ。

 なかでも恐れられているジャッジ・ドレッドと新人のジャッジ・ハーシーは暴動を起こしていたブロックを制圧。食品販売ロボットに隠れていた刑務所から釈放されたばかりのファーガソンはドレッドに懲役5年を宣告された。
 グリフィン裁判官の手引きで元ジャッジのリコが刑務所から脱獄した。
 メガシティの司法制度に批判的な報道記者が暗殺されドレッドが容疑者となる。ドレッドは終身刑を宣告され、グリフィン裁判官は主席判事となった。ドレッドやファーガソンをアスペン流刑地に運ぶシャトルが撃墜された。
 メガシティに戻ったドレッドは尊敬しているファーゴ長官から衝撃の真実を告げられる。40年前、ヤヌスというプロジェクトで理想的なDNAが作られ誕生したのがドレッド、失敗作がリコで完璧な犯罪者になってしまった。
 メガシティではリコが暴れまわり、ジャッジたちが次々と殺される。
 グリフィン主席判事は自由の女神の場所にあるヤヌス研究所で自分のDNAを持ったジャッジの軍隊を作ろうとしている。しかしリコはグリフィンを裏切り自分のクローン軍隊を作ろうとしていた。
 ドレッドやファーガソン、ジャッジ・ハーシーはリコと対決した。

 ヤヌス・プロジェクトが明らかになり、残ったジャッジたちは審議会を作り直すためドレッドに長官になってほしいと頼んだ。しかしドレッドは現場が好きだと断った。




・ 監督: ダニー・キャノン
・ 出演: 
    シルヴェスター・スタローン    ... ジャッジ・ドレッド
    アーマンド・アサンテ        ... リコ
    ダイアン・レイン          ... ジャッジ・ハーシー
    ロブ・シュナイダー         ... ファーガソン/ファージー
    ジョアン・チェン           ... イルサ
    ユルゲン・プロフノウ        ... グリフィン
  and マックス・フォン・シドー      ... ファーゴ長官

【関連映画】 「ジャッジ・ドレッド (2012)」

> メガシティ・ワンがあるのは現在の米国のニューヨークあたり。しかしドレッドは(英語音声でも)メートル法を使っている。

◆ジャッジ・ドレッド JUDGE DREDD (1995/1995)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6623-e1278159
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)