FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
チャイルド・イン・タイム  (TV2017) ■
英国の小説家イアン・マキューアンの代表作『時間のなかの子供』のTV映画版。DVDで観た。
 突然幼いわが子が消えて呆然自失となる児童小説家。妻との仲も離れてしまう。政府の要職にある児童小説家の親友は仕事による長年の心労に耐えられなくなり妻と共に突然田舎に引っ越してしまう。小説家は母親から不思議な話を聞いた。

□ ロンドンに住む人気児童文学作家スティーヴンはいつものように4歳の娘ケイトを連れて買い物に行く。レジでちょっと目を離した間にケイトが消えた。ケイトは見つからず妻のジュリーは海辺でひとりで暮らし始める。
 スティーヴンは新作を書く気にもなれず、政府で働く友人のチャールズに紹介された児童教育委員会に顔を出している。
 チャールズは長年働いたからと妻のセルマと共にロンドンを離れて田舎暮らしを始めた。スティーヴンは首相からチャールズの様子を教えてほしいと頼まれた。スティーヴンがチャールズの新居を訪ねると、チャールズは子供のように森を駆け回って遊んでいた。
 スティーヴンは町で見かけた女子生徒をケイトだと思って学校に飛び込んだ。校長は彼女がケイトではないことを丁寧にスティーヴンを説明した。
 スティーヴンはジュリーに会いに行く。海辺の家でタクシーを待っていたジュリーは外にいる男の子を見た。スティーヴンとジュリーは水族館や公園に行った。ジュリーはしばらく旅行に出かけると告げた。
 母親はスティーヴンに昔話をした。母親が未婚で妊娠したことをパブで父親に告げた時、窓の外に男の子がいた。
 チャールズが家に戻ってこないため、スティーヴンが森の中を探しまわりチャールズの首吊り死体を見つけた。教会での告別式にはジュリーも出席していた。
 ジュリーが病院から電話をかけてくる。スティーヴンは地下鉄の中で微笑みかける男の子を見た。
 ・・・・・


・ 監督: ジュリアン・ファリノ
・ 原作: イアン・マキューアン 『時間のなかの子供』
・ 出演: ベネディクト・カンバーバッチ、ケリー・マクドナルド、スティーヴン・キャンベル・ムーア、サスキア・リーヴス

■チャイルド・イン・タイム THE CHILD IN TIME (TV2017、英国) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6607-fc25fe80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)