FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
やっぱり契約破棄していいですか!? (2018) ★
英国暗殺者組合に所属するベテラン暗殺者のレスリー・オニールはただひとりノルマを達成できていない。レスリーは何度も自殺に失敗している青年ウィリアムと暗殺契約を結ぶ。しかしウィリアムの気が変わり契約を破棄したいと言い出した。DVDで観た。

□ 夜、テムズ川に飛び込もうとしていた売れない作家のウィリアムは年配の男に声をかけられる。男はレスリーの自殺を止めようともせずに名刺を置いて去っていった。人生に絶望したウィリアムはこれまで何度も自殺を試みたがどうしてもうまくいかない。男の名刺には「暗殺者 レスリー・オニール」と書かれていた。
 レスリーは古参の暗殺者だがノルマを達成できていない。ウィリアムはボールを追って飛び出した子供が車に轢かれるのを救って死ぬことを望んだがそれには金がかかる。ウィリアムは予算内に苦痛なく死ねる「予告なしに遠くから狙撃」を選んで暗殺契約を結んだ。ウィリアムは英国暗殺者組合の口座に入金した。レスリーがウィリアムを1週間以内に殺せなかった場合には契約無効となり返金される。

 ウィリアムの本に興味を持った出版社から電話があり、ウィリアムは屋外レストランで担当者のエリーと彼女のボスと会った。突然ボスの頭が撃たれ、通りかかったウェイターも撃たれてレストランはパニックになる。
 ウィリアムはエリーに自分が自殺のために雇った狙撃手が誤ってボスを撃ったと話した。ウィリアムの本を出版したいエリーは契約を破棄するように言った。しかしレスリーは契約破棄を拒否して撃ってくる。ウィリアムとエリーは駐車監視員のオートバイをうばって逃走。レスリーは誤って駐車監視員を撃ってしまった。
 3人も別人を殺したレスリーは上司のハーヴェイからクビを通告された。ウィリアムの契約はアイヴァンが引き継ぐ。ハーヴェイは引退を拒否したレスリーの殺害を命じた。

 ウィリアムとエリーはエリーの生家に隠れた。
 翌日、ふたりが散歩から戻るとレスリーがいた。
 レスリーがウィリアムに拳銃を向けた時、レスリーの妻から家が荒らされインコが殺されていたと電話があった。
 レスリーが再度ウィリアムに拳銃を向けた時 ・・・・・

 ウィリアムとエリーが歩いているとボールを追った子供が走ってくる車の前に飛び出した。ウィリアムは夢中で駆け寄り子供を突き飛ばした。・・・・・


・ 監督: トム・エドマンズ
・ 出演: トム・ウィルキンソン、アナイリン・バーナード、フレイア・メイヴァー、マリオン・ベイリー、クリストファー・エクルストン

■やっぱり契約破棄していいですか!? DEAD IN A WEEK (OR YOUR MONEY BACK) (2018/2019)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6597-99dfc143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)