FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
エージェント・スミス (2019) ★
スーザン・スミスとFBI捜査官マーク・パットナムは実在の人物。スーザンはパットナム捜査官の情報提供者(内通者)だった。DVDで観た。
 FBIは捜査官が情報提供者と性的関係を持つことを禁じているがパットナムはそれを破った。ところがスーザンのほうが真剣になってしまった。
 エンドクレジット中にマーク・パットナム、スーザン・スミス本人の写真。マークが事件について話す映像が流れる。この映像を見る限りあまり反省しているように見えなかった。

□ 1988年 ケンタッキー州パイクビル
 鉱山が閉鎖し企業が倒産した。スーザンは失業し収入はゼロ。2人の子供がいる。離婚した夫キャッシュといまだに同居している。
 FBIパイクビル局に若いマーク・パットナム捜査官が妻子とともに転勤してきた。スーザンは別世界からやってきたようなパットナム捜査官に心をときめかした。

 スーザンの弟ボーンズがトラブルから人を撃って逃亡。パットナム捜査官はスーザンの家でボーンズを逮捕しキャッシュが隠していた麻薬も押収した。
 パットナムはスーザンと内密に会い、密告者になるよう持ち掛けた。
 スーザンはキャッシュの仲間のジョニーBが銀行強盗をしようとしているという情報をパットナムに流す。情報通りジョニーBが銀行強盗をした。スーザンの情報に基づきパットナムの指揮でFBIと警察がジョニーBの隠れ家を急襲して逮捕した。
 パットナムとスーザンは xxx するようになる。スーザンはパットナムにのめりこんだ。しかしパットナムは家庭を捨てるつもりはない。
 パットナムは謝礼の6000ドルをスーザンに渡し、別れを告げた。
 スーザンはジョニーBの裁判で証言し、FBIの証人保護による隠れ家を提供された。
 パットナムは栄転して町を出て行った。

 数か月後、パットナムが転勤した支局にスーザンから電話がかかってくる。スーザンはパットナムに妊娠したと伝えた。パットナムは、パイクビルにやってきてスーザンと会った。

 何か月も悩んだ末、パットナムは妻にスーザンを妊娠させ殺してしまったと打ち明けた。


・ 監督: フィリップ・ノイス
・ 原作: ジョー・シャーキー
・ 出演: エミリア・クラーク、ジャック・ヒューストン、ゾーラ・バーチ、ジョニー・ノックスヴィル

【関連映画】
・ 「ハットフィールド&マッコイ 実在した一族 vs 一族の物語(TV2012)」... 舞台となるパイクビルは、2つの家族が10年以上にわたり命をかけて争ったことでも有名。保安官の名前がランディ・マッコイ。
・ 「ギャング・イン・ニューヨーク (2018)」... 台詞に「ジョン・ゴッティ」が出てくる。


■エージェント・スミス Abobe Suspicion (2019)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6578-3c57e5b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)