FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
レ・ミゼラブル  (TV2018) Ep.1~2
ミュージカルとしても有名なヴィクトル・ユーゴー作の長編小説「レ・ミゼラブル」を原作として英国BBCが放映したTVミニシリーズ。全8話中の、1、2話をDVDで観た。
 姉の子供たちのために1本のパンを盗んだのをきっかけに19年間も監獄に入れられていたジャン・バルジャンは出獄した時にはすっかり人間不信に陥り憎悪の塊になっている。しかしディーニュのミリエル司教の善意に触れ、元来の善意の心を取り戻す。原作によれば出獄した時46歳。
 ジャン・バルジャンをひたすら追うジャベールは原作によればジャン・バルジャンより11歳若い。物語では敵役だがあくまでも法に忠実で不正を許さない。厳格すぎるあまり情状酌量の考え方を持たない。


【1】
 1815年 ワーテルローの戦いの後、テナルディエは死体から金目の物を盗んでいる。テナルディエが体を探っていた死体が息を吹き返しポンメルシー大佐と名乗った。大佐はテナルディエに命を救われたと勘違いした。
 戦後、フランスは王制に戻る。生き延びたポンメルシー男爵はパリに戻るが、王制派の義父に育てられている息子マリウスには会わせてもらえない。もし会えばマリウスに遺産を相続させないと脅されている。日曜日に教会でマリウスを遠くから見守るしかなかった。
 トゥーロンの徒刑場。石切り場で働かされていた囚人24601は、崩れた足場の下敷きになった看守を怪力で助けた。看守長のジャベールはそんなことをしても刑期は軽減されないとに言った。
 パリ、グリゼット(女工)のファンティーヌ は、学生のフィーリックスとの恋に落ちる。
1年後。
 19年間の刑期を終えた24601、ジャン・バルジャンは釈放される。しかし町では釈放時に渡された旅券を掲示しなければならず、働かせてもらえず、働いても安い賃金しかもらえない。宿賃はあるのに泊めてもらえない。バルジャンがディーニュで老婦人に教えられたミリエル司教の家を訪ねると司教は食事とワインをふるまったうえにベッドまで提供してくれた。夜、バルジャンは司教の銀食器を盗んで逃げた。


【2】
 警官たちが銀食器を盗んだバルジャンを司教宅に連れてくる。司教は銀食器はバルジャンにあげたものだと言い、さらに2本の燭台をバルジャンに渡した。司教はバルジャンに売ったお金で正直に生きるように言い聞かせた。
 ファンティーヌが愛していたフィーリックスは突然故郷に帰ってしまう。ファンティーヌは赤ちゃんと取り残された。

4年後
 ファンティーヌは幼いコゼットを連れ、職探しのために徒歩でモントルイユに向かっている。しかし幼い娘がいては働けない。ファンティーヌはモンフェルメイユで「ワーテルローの軍曹」という宿屋兼酒場をしているテナルディエ夫妻と出会う。主人のテナルディエはワーテルローの戦場で銃弾が飛び交う中を大佐をかついで運んで命を救った英雄だった。ファンティーヌは夫妻にお金を払ってコゼットを預かってもらうことにする。夫妻にはコゼットと同じ年頃のふたりの娘がいた。

 モントルイユではやってきてわずか3年で町に繁栄をもたらせたマドレーヌ氏が市長に就任したところだった。ファンティーヌはマドレーヌの工場で雇われた。
 新任のジャベール警部が市長に挨拶に来る。ジャベールはマドレーヌ氏があのジャン・バルジャンとは気がつかない。
 ファンティーヌがきちんとお金を送っているにも関わらずテナルディエ夫妻はコゼットを虐待している。
 マドレーヌ市長は、馬車の下敷きになった老人を怪力で助けた。ジャベール警部は市長がジャン・バルジャンだと気がついた。ファンティーヌに隠し子がいることがばれる。ジャベールに気づかれたことで動揺していたマドレーヌはファンティーヌを解雇した。ジャベールはパリ警視庁にマドレーヌ市長はジャン・バルジャンだと告発した。バルジャンは出所後通りすがりの少年から小銭を取り上げ指名手配されていた。



・ 監督: トム・シャンクランド
・ 出演: 
    ドミニク・ウェスト          ...... ジャン・バルジャン
    デヴィッド・オイェロウォ      ...... ジャベール
    リリー・コリンズ           ...... ファンテーヌ
    アディール・アクタル        ...... テナルディエ
    ジョニー・フリン      ...... フィーリックス
    ヘンリー・ロイド=ヒューズ    ...... ポンメルシー大佐
    デレク・ジャコビ          ...... 司教
    オリヴィア・コールマン       ...... テナルディエ夫人

> ジャン・バルジャンの囚人番号は24601。日本語版ミュージカルでは24603。
> モントルイユという地名はフランスに複数存在する。この物語の舞台はパ=ド=カレー県のモントルイユ。モントルイユ=シュル=メールとも呼ばれる。
> コゼットは愛称で、本名はユーフラジー (Euphrasie)。

■レ・ミゼラブル Les Misérables (TV2018-2019、英語) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6573-1d248ba2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)