FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
チャーリー (1992)
チャップリンの伝記映画。晩年、スイスで暮らすチャップリンの自伝を完成させるために編集者がチャップリンにインタビューする。
 英国で生まれ貧困の少年時代、母親の施設入り、喜劇役者としての開花。渡米、映画界へ、成功を収めたものの米国から追放されるなど波乱の人生を送った。
 考えてみれば当たり前だけど初期の映画は撮影も映写も手回しでフィルムを送っていた。サイレントなので撮影中に監督が大声で役者に指示をしている。


□ 1894年 英国 オルダーショット
 舞台で歌っていた母親がのどを痛めたため、5歳のチャーリーが舞台で歌い喝采を浴びた。チャーリーは母親ハンナ、兄シドニーと暮らしていたが一家は極貧に窮していた。チャーリーは施設に入れられ、シドニーは練習船に乗せられた。母親が手袋を仕立てる仕事を初めてチャーリーは施設から出ることができた。
 7年後、母親が精神に異常をきたし、チャーリーは母親を施設に入れるしかなかった。
 2年後(1908)、チャーリーは兄シドニーの紹介でフレッド・カーノー劇団に雇われ、やがてコメディアンとして人気が出る。
 1913年、米国巡業中のチャーリーは初めて映画というものを見た。そして当時の彼にしては高給で映画界に誘われマック・セネットのキーストン・スタジオに入社した。チャーリーはここで映画について学んだ。
 チャップリンの代名詞となる紳士風の浮浪者が誕生し人気も出た。チャーリーは監督も務めるようになる。

 チャーリーは兄のシドニーを英国から呼び寄せマネージャになってもらう。
 1914年、チャップリンは高給を掲示されたエッサネイ・スタジオに移籍する。
 1918年にはハリウッドのラ・ブレア通りに自身の撮影スタジオを設立した。この年、チャーリーはミルドレッド・ハリスと結婚するが2年後に離婚した。離婚訴訟の最中、ミルドレッド側は『キッド』のフィルムを差し押さえようとした。
 有名人となったチャーリーは母ハンナを英国から呼び寄せることができた。(1928死去)

 1921年、チャーリーはロンドンを訪問し大歓迎された。
 1924年、16歳のリタ・グレイと結婚した。(1928年に離婚)
 1936年、機械文明と資本主義を批判した『モダン・タイムズ』が公開された。モダン・タイムズに出演したポーレット・ゴダードとは籍は入れていないが事実上の妻だった。
 1940年、チャップリン初の完全トーキー映画『独裁者』が米国で公開された。
 第二次大戦後、冷戦が始まると米国では共産主義的な思想を持つものをつるしあげる「赤狩り」が行われる。チャップリンは『モダン・タイムズ』以降の作品が批判の対象となった。
 1943年 ウーナ・オニールと結婚(チャーリーが死ぬまで妻だった。チャーリーとの間に3男5女。)
 1952年、『ライムライト』が公開される。チャーリーはロンドンに向かう船中で米国から国外追放命令を受け取った。
 チャーリーはスイスに住みついた。

 1972年 チャップリンはアカデミー賞特別賞を受賞。チャップリンは20年ぶりに米国に行ったが受賞の数日後にはスイスに帰国した。
 1975年 エリザベス女王によりナイトの爵位を授与された。
 1977年12月25日 スイスの自宅で死去した。88歳。


> 母ハンナを演じているジェラルディン・チャップリンはチャーリー・チャップリンとウーナの娘。

・ 監督: リチャード・アッテンボロー
・ 原作:
  チャールズ・チャップリン "My Autobiography"
  デヴィッド・ロビンソン  "Chaplin - His Life and Art"

・ 出演
    ロバート・ダウニー・Jr      ...チャーリー・チャップリン
    ジェラルディン・チャップリン  ... ハンナ、母親
    ポール・リス            ... シドニー、兄
        ジョン・ソウ、モイラ・ケリー、アンソニー・ホプキンス、 ダン・エイクロイド、マリサ・トメイ、
        ペネロープ・アン・ミラー、ケヴィン・クライン 、マリア・ピティロ、ミラ・ジョヴォヴィッチ、
        ケヴィン・ダン、デボラ・ムーア、ダイアン・レイン

> 【関連映画】 「チャップリンの独裁者(1940)」「ライムライト(1952)」
> 【関連映画】 「チャップリンからの贈りもの(2014)」...チャップリンの死の数か月後、チャップリンの遺体の入った棺桶が墓地から盗まれ、犯人は身代金を要求した。

◆チャーリー  CHAPLIN  (1992/1993)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6570-4d3089b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)