FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ニューヨーク ザ・ギャング・シティ (2014)
1992年のクリスマス・イブの朝、トーマス・ウヴァ(28)と妻のローズ(31)はオゾンパーク(クイーンズ、ニューヨーク)の自宅を出て車に乗った。自宅からほど近い交差点で停車中にふたりは射殺された。(ニューヨーク・ギャングスターと同じ事件)  DVDで観た。

最初に実話に基づく"based on a true story"と映される。同じ事件を扱った「ニューヨーク・ギャングスター(2015)」と大きく異なるのはトニー・ウヴァが米国マフィアの大ボス ジョン・ゴッティの裁判を傍聴してクラブの情報を得ていたこと。

 事実としては、ジョン・ゴッティの裁判は1992年2~3月で4月2日に有罪判決を受けた。(WIKIPEDIA20201201)。
 映画によればトミー・ウヴァは1991年のバレンタインに花屋を襲い18ヶ月の刑を宣告された。トミーが出所したのは1992年5月でゴッティ裁判が終わった後だった。(WIKIPEDIA20201201)
 従ってトミーがゴッティの裁判を傍聴したはずはない。つまり実話の映画化ではなく、実話から着想した映画と思われる。


□ 1991年のバレンタイン、ニューヨーク市。トミー・ウヴァは花屋を襲って18ヶ月の刑を宣告された。トミーは父親をひどい目にあわせたマフィアを憎んでいる。
 出所したトミーはガンビーノ一家のボス ジョン・ゴッティの裁判を傍聴した。トミーは彼らのクラブでは銃が禁止されていることを知った。トミーはマフィアのクラブを襲おうと考える。銃がないから安全だしマフィアは警察に通報しないだろう。トミーはウージー(短機関銃)を手に入れた。
 トミーとロージーはクラブのひとつを襲った。店をまかされていたサルはボスのビッグ・アルに相談した。ビッグ・アルは犯人を捜させたが殺しは禁じた。
 金を使い果たしたトミーとロージーは別のクラブを襲った。そのクラブはFBIが監視中だった。逃げた二人を追いかけて下着姿のギャングたちが外に出てきたところをFBIが撮影した。
 トミーは裁判で名前が出てきたワイキキクラブに押し入った。ところが中にいたのは3人の老いぼれだけ。札束も宝石もない。トミーがうばった財布の中の紙には一家にとって超極秘情報である構成員リストが書かれていた。
 新聞の一面に下着姿のギャングたちの写真がでかでかと載った。記事には男女の二人組がマフィアのクラブを襲ったと書かれていた。記事はふたりを「ボニーとクライド」と呼んでいる。トミーはビッグ・アルに電話してリストを持っていると脅した。
 サルが町で偶然トミーとロージーを見かけて住まいをつきとめた。
 クリスマス・イヴ。トミーとロージーはロックフェラー・センターのツリーを見に行った。
 ・・・・・


・ 監督: レイモンド・デ・フェリッタ

・ 出演: マイケル・ピット、ニナ・アリアンダ、レイ・ロマノ、グリフィン・ダン、マイケル・リスポリ、
       フランク・ホエーリー、バート・ヤング 、キャシー・モリアーティ・ジェンタイル、and アンディ・ガルシア

【関連映画】
 「ニューヨーク・ギャングスター(2015)」...同じ事件を描いている
 「ギャング・イン・ニューヨーク (2018)」...ジョン・ゴッティの伝記映画
 「俺たちに明日はない (1967)」.......ボニーとクライド

> ジョン・ゴッティの日本語版WIKIPEDIA20201201ではゴッティ裁判が1991年となっている。


■ニューヨーク ザ・ギャング・シティ ROB THE MOB (2014/---)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6560-f8e4e63c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)