FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
リトル・モンスターズ (2019) ★
幼稚園の遠足で行った牧場がゾンビだらけになり先生と幼稚園児が孤立する。牧場を封鎖した軍隊はすべてゾンビになったと思い爆弾で一気に殲滅しようとする。ホラー・コメディ。DVDで観た。


□ 恋人のサラと別れたストリート・ミュージシャンのデヴィッドは、シングルマザーの姉テスの家に転がり込む。5歳の甥フェリックスはアレルギー体質で食べられないものがたくさんある。
 フェリックスを送って行った幼稚園で、デヴィッドはキャロライン先生に一目ぼれ。デヴィッドは病気で行けなくなった遠足の付き添いの代理を引き受けた。
 遠足の日、キャロライン先生、子供たち、デヴィッドはバスでプレゼント・バレー牧場に向かう。途中、軍の車列が追い越していった。
 牧場にはTVの子供向け番組の人気者テディ・マクギグルがいて子供たちは大喜び。
  (このころ近くの軍施設から違反者(いわゆるゾンビ)が逃げ出し感染者を増やし続けている)
 デヴィッドとキャロラインが気づくと牧場中に兵士や観光客たちのゾンビがいっぱい。トラクターに子供たちを乗せて逃げようとする。マニュアル車を運転できないデヴィッドにフェリックスがクラッチの使い方を教えた。道がゾンビに塞がれてトラクターが動けなくなる。
 ふたりは子供たちに列を作らせて行進させてギフトショップに着く。しかし中に避難しているテディ・マクギグルがドアを開けようとしない。デヴィッドが屋根から入り込みテディと戦って子供たちを中に入れた。しかし携帯は圏外、固定電話もない。
 デヴィッドが子供たちに与えたチップス(乳製品が含まれる)でフェリックスがアナフィラキシーを起こしてしまう。キャロラインが外に出てゾンビたちの間を縫いながらフェリックスのバックパックを取りに戻る。キャロラインが血だらけになって戻りフェリックスは回復した。
 テディが自分の車マクギグル・カーでの脱出を提案。テディとデヴィッドがマクギグル・カーに走った。マクギグル・カーに乗り込んだテディはゾンビにやられた。デヴィッドはマクギグル・カーの屋根に逃げるがまわりをゾンビに囲まれる。
 ダースベーダーに変身してギフトショップを出たフェリックスがトラクターを運転してデヴィッドの救出に向かった。
 牧場を封鎖している軍隊にゾンビの群れが迫る。先頭を走るトラクターから子供たちの歌声が聞こえた。
 デヴィッドとキャロラインと子供たちは軍によって48時間隔離される。心配する親たちの耳に子供たちの元気な歌声が聞こえた。


・ 監督: エイブ・フォーサイス
・ 出演: ルピタ・ニョンゴ、アレクサンダー・イングランド、キャット・スチュワート

> アナフィラキシー:アレルギーの原因物質によって複数の臓器に強い症状が現れる過剰反応
> エピペン:アナフィラキシー補助治療剤(注射薬)。

■リトル・モンスターズ LITTLE MONSTERS (2019/2020、英国/オーストラリア)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6555-520f0119
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)