FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
キュアード (2017) ★
感染すると狂暴化して非感染者を襲うようになるメイズ・ウィルスで大きな被害を受けたアイルランド。自体は収束し感染者の75%は回復した。しかし非感染者たちは回復者たちを差別し、回復者たちは反感を強めていく。さらに政府は未だ治療できていない25%を安楽死させようとしている。DVDで観た。


□ 感染者が狂暴化するメイズ・ウィルスがヨーロッパを襲いアイルランドは壊滅状態となった。治療法が発見され感染者の75%の治療に成功した。彼らは回復者(キュアード)と呼ばれた。しかし非感染者の多くは回復者がまた狂暴化するのではないかと疑う者も多く、回復者の社会復帰は困難だ。
 
 回復者のセナンは弟ルークの妻アビーと再会する。アビーはルークの行方について尋ねるがセナンは知らないと答えた。セナンには感染中二ルークを殺した記憶があった。
 元弁護士の回復者コナーは家族にも避けられ仕事も見つけられない。コナーは回復者の権利のために隠密裏に回復者同盟を結成した。
 政府はまだ治療できていない25%(約5000人)を安楽死させる計画をたてている。
 セナンは感染者たちが収容されている病院に職を見つけた。感染者は回復者を襲わない。回復者に対する差別を体験したセナンはコナーの回復者同盟に加わった。
 アビーは夫のルークを殺したのがセナンだと知りセナンを追い出した。
 回復者同盟が病院を襲い感染者たちを解放した。感染者たちが街に出て人々を襲った。
 セナンは学校からキリアンを連れ出そうとしているアビーを見つけた。3人は帰宅するがキリアンは噛まれていた。セナンはアビーに治療法が見つかるまでキリアンを守ると言いキリアンを連れていった。


・ 監督: デヴィッド・フレイン
・ 出演: エレン・ペイジ、サム・キーリー、トム・ヴォーン=ローラー、ポーラ・マルコムソン

■キュアード THE CURED (2017/2020、アイルランド / フランス)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6554-2744cd8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)