FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ウディ・ハレルソン ロスト・イン・ロンドン (2017) ★
深夜にロンドンの街中で撮影されている映画がそのまま米国の映画館で生上映されたもの。

 2017年1月20日午後11時にロンドンで撮影は開始され、時差の関係で米国東部時間の19日午後6時から米国の550以上の劇場で放映された。DVDで観た。
 映画の後にダニエル・ラドクリフが登場する。2002年、ダニエルが12歳の時、ウディ・ハレルソンと家族がハリーポッターの撮影セットに来た。その後、前夜にウディがタクシーで騒動を起こし警察に捕まったというニュースが流れた。
 ウディ・ハレルソンはこの事件から映画を1台のカメラで撮影しながら同時に映画館で上映するというアイデアを思い付いたようだ。

 深夜とは言え、映画とは無関係の人や車のいる中で、かなりの距離を移動しながら撮影されている。
 映画館でリアルタイムで見たらおもしろかったかもしれない。
 
□ 2017年1月20日、ロンドンに300人のクルーと500人のエキストラが集結した。カメラ1台1テイクで映画を撮影すると同時に音楽もつけて映画館に生放映するという試み。撮影はロンドン市内の広大な地域で行われ、カメラは複数の乗り物を乗り継ぎながらウディを追って移動する。リハーサルが何度も行われるが問題が次々に起きる。生中継開始90分前、重要な撮影場所のウォーター・ルー駅で不発弾が発見され橋が封鎖された。しかし撮影&上映は開始された。

 夜、小さな劇場での舞台を終えたウディは表に待ち受けていたパパラッチによって新聞に自分のスキャンダルが載ったことを知る。ウディは愛する妻ローラが待つフレンチ・レストランに入る。幸いローラは記事の事をまだ知らなかった。しかしウディの3人の女との乱痴気パーティを知ったローラはかんかんになる。

 中東系の王子の一行についていった店で、ウディは偶然親友のオーウェンと会った。オーウェンと喧嘩したウディは店を出る。タクシーの灰皿を壊したウディは若い警官につかまり警察に連れていかれた。警察から妻に電話するが誰も出ない。ウディは翌日の朝に子供たちとハリー・ポッターに会いに行く約束をしている。
 午前0時 牢屋の中で神に祈るウディはウィリー・ネルソンの歌声を聞いた。
 朝、オーウェンが保釈金を払ってくれて牢屋から出られた
 新聞にはウディがタクシーを破壊して警察につかまったという記事が載る。
 ローラはまだ怒っていたが、子供たちに罪はない。
 ウディは家族でハリーポッターの撮影セットに向かった。



・ 監督: ウディ・ハレルソン
・ 出演: ウディ・ハレルソン、ウィリー・ネルソン、オーウェン・ウィルソン、ダニエル・ラドクリフ

■ウディ・ハレルソン ロスト・イン・ロンドン Lost in London (2017/---) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6549-66570283
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)