FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
海辺の映画館―キネマの玉手箱  (2020、日本) ■
明治維新からの日本の戦争の悲惨さを描いている。会津白虎隊・娘子隊、西郷隆盛、坂本龍馬、満州事変や沖縄戦では日本軍部とその手下による兵士・庶民への暴行、広島原爆で被爆した劇団櫻隊など。悲惨な内容をコメディタッチにちゃかしているけれど私には笑えなかった。 映画館で観た。

役名の斉藤一美、芳山和子、橘百合子は尾道三部作「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」のヒロインの名前。

□ 閉館する尾道の映画館“瀬戸内キネマ”の最終上映はフィルムによる“日本の戦争映画大特集”。
 映画を観ていた3人の若者が映画の中に引き込まれ様々な戦争を体験する。


> 2020年11月現在、尾道には映画館「シネマ尾道」があります。

・ 監督: 大林宣彦
・ 出演:
    厚木拓郎     ... 馬場毬男
    細山田隆人    ... 鳥鳳介
    細田善彦     ... 団茂
    吉田玲       ... 希子
    成海璃子     ... 斉藤一美、転校生
    山崎紘菜     ... 芳山和子、時をかける少女
    常盤貴子     ... 橘百合子、さびしんぼう

■海辺の映画館―キネマの玉手箱  (2020、日本) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6547-e58855eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)