FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ナイト・ガーディアンズ (2016、ロシア) ★
モスクワには実は40種もの異種生命体が人間と共存している。彼らをD局が監視している。グールを率いるヤンクルが人間に戦いを挑もうとしている。要となるのが人間との戦いを望まないグールの王女。電車を使って荷物を運ぶ速配サービスの青年が王女に恋をして戦いに巻き込まれる。DVDで観た。


□ 速配サービスをしているパーシャは空から落ちる夢をよく見る。
 パーシャは荷物を届けたホテルで、夢で見た女性(ダナ・ロキス)と出会い部屋を訪ねる。ダナが3人の男女に襲われ、パーシャはダナを連れて逃げた。屋上で男の一人に殺されそうになるが男は崩れてチリとなった。ダナはパーシャを戦士と呼びキスをして屋上から飛び降りた。

 翌日、ホテルを訪れたパーシャがガマユンという男に連れていかれたのは連邦保安局、通称D(デーモン)局。モスクワにいる約40種の異種生命体を監視している。昨夜、現れたのはグール(吸血鬼)で人を食う。ダナもグールでロキス家の王女。パーシヤとD局はダナを保護した。グールのヤンクルが襲ってくるが撃退した。
 ヤンクルは異種生命体を束ねて人間と戦おうとしている。
 グールたちがプロムを襲いD局が出動する。パーシャはダナとD局本部に残った。D局員が出払った本部をヤンクルが襲いダナを連れ去った。
 ヤンクルは日食の間にダナと血で結ばれ全能の力を得ようとしている。
 パーシャはヤンクルと対決した。


・ 監督: エミリス・ヴェリビス
・ 出演: イヴァン・ヤンコフスキー、レオニド・ヤルモルニク ガマユン、ルボフ・アクショノーヴァ、ミハイル・エフラノフ

■ナイト・ガーディアンズ Ночные стражи (2016/---、ロシア) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6531-085ec40b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)