FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ダークシティ (1998) ★★
絶滅の危機にある地球外知的生命体は人類を研究して種族存続の道を探ろうとする。DVDで観た。


□ 意志の力で物質を変えられる力“チューン”を持つストレンジャーたちは絶滅の危機にある。彼らは宇宙の果てに青い星を見つけた。シュレーバー博士は人類を裏切りストレンジャーの実験を手伝っている。

 男は安ホテルのバスタブの中で気がついた。額に血がついている。自分の名前さえ覚えていない。服を着た。トランクにはK.H.のイニシャル。中にはシェル・ビーチの絵葉書。ドクターと名乗る男が電話ですぐに逃げろと言った。ベッドの脇には女の死体。
 フロントの記録によれば男は「J.マードック」。フロントは食堂から財布が忘れられていたと電話があったとマードックに伝えた。
 歌手のエマ・マードックは夫の主治医だと言う精神科医シュレーバー博士に呼び出される。博士によれば夫はエマの浮気に悩み通院していたが今は消息不明。記憶喪失の可能性がある。
 マードックは財布を受け取りに食堂に行った。店員は財布をコインを入れないと開かないケースに入れた。マードックは念力でケースを壊し財布を取り出した。
 バムステッド警部は女の死体が見つかったホテルのJ・マードックの部屋を調べた。バムステッド警部は、夫ジョン・マードックの捜索願を出しに警察署にやってきたエマ・マードックから話を聞いた。警部はエマにジョン・マードックは連続娼婦殺人事件の容疑者だと話した。
 財布の中の免許証でマードックは自分が“ジョン”だと知った。美しい女性の写真が入っていた。マードックはシェル・ビーチの看板を見つけた。コートのポケットから娼婦殺害事件の新聞記事の切り抜きが出てきた。黒い帽子で青白い顔の男たち(ストレンジャー)にマードックは殺されそうになるが念力(チューン)を使って逃げた。ストレンジャーたちはマードックがチューンを使えることに驚いた。
 マードックはコートのポケットに入っていた鍵で自宅に入った。財布の中の写真の女性はエマでマードックの妻だった。エマはマードックがシュレーバー博士の治療を受けていたと言った。

 午前0時に時計が止まりマードック以外の人々がみんな眠ってしまう。マードックは町の建物が動き作り替えられていくのを見た。ストレンジャーたちが人間を置き換えている。シュレーバー医師は、マードックがストレンジャーと同じチューンを持っていると言った。
 マードックの力を恐れたストレンジャーは、シュレーバー医師にマードックの記憶をストレンジャーのハンド氏に刷り込ませてマードックを追う。
 マードックは絵葉書からカール・ハリスという名前を導いた。トランクのイニシャルはK.H.だった。
 マードックは水族館のある建物でジョンの叔父のカール・ハリスと出会った。カールによればジョンはシェル・ビーチで育った。火事で両親が死にカールに引き取られた。
 バムステッド警部はマードックを尋問するが警部自身混乱している。マードックに指摘されて気がつくが警部はよく知っているはずのシェル・ビーチへの行き方を思い出せない。それどころか昼間に何があったかさえも思い出せない。マードックはこの町はずっと暗いままだと言った。マードックは子供の頃のスケッチブックを宙に浮かせて見せた。

 バムステッド警部とマードックはシュレーバー博士を捕まえて何が起きているのか話させた。
 この町にいる人間は種族が滅びかかっているストレンジャーたちにさらわれてきた。彼らは共通の記憶と心を持つ。光を嫌うので街はいつも暗い。彼らは人々の記憶を取り出し適当に混ぜて戻しどのように個性が出来上がるか実験し種族存続の道を探っている。シュレーバー博士は科学者としての記憶だけが残され、記憶の混合と刷り込みを手伝っている。マードックはシュレーバー医師の刷り込みを拒絶しチューンを持った。シュレーバー医師はマードックに新たな記憶を注射しようとするがマードックは注射器をうばいコートのポケットに入れた。
 バムステッド警部とマードックはシュレーバー博士にシェル・ビーチまで案内させるが、シェル・ビーチは実在せず作られた記憶だった。シェル・ビーチの看板の裏側には宇宙が広がっている。
 ストレンジャーに捕らえられたマードックは地下深くの施設に連れていかれる。ストレンジャーたちはマードックに彼らの記憶を刷り込ませて心を共有するつもり。しかしシュレーバー博士は注射器をマードックのコートのポケットの中の注射器とすり替えてマードックに注入した。博士がマードックに刷り込んだのは博士が持つストレンジャーについての知識やストレンジャーに打ち勝つ能力。ストレンジャーが使う脳波増幅装置の知識も与えた。
 マードックは覚醒した。
 ・・・・・

 ジョン・マードックは太陽が降り注ぐ桟橋でエマとそっくりの女性、アンナと会った。ふたりは一緒にシェル・ビーチに向かった。


・ 監督:  アレックス・プロヤス
・ 出演
    ルーファス・シーウェル      ... J・マードック
    ウィリアム・ハート          ... バムステッド警部
    キーファー・サザーランド     ... シュレーバー博士
    ジェニファー・コネリー      ... エマ・マードック

◆ダークシティ DARKCITY (1998/1998) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6528-58960bb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)