FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
プラド美術館 驚異のコレクション(吹替)  (2019) ■ 
プラド美術館(スペイン マドリード)のドキュメンタリー。
 プラド美術館には最盛期には南北アメリカにまで広大な領地を支配していたスペイン王国が集めた膨大な数の絵画が保管されている。
 私でも知っているベラスケス、ルーベンス、ゴヤ、エル・グレコ、ティツィアーノなどの作品以外にも、有名なんだろうけれど私は知らないスルバランやルカ・ジョルダーノ、ヒエロニムス・ボスの『快楽の園』、女性芸術家クララ・ペーテルズの静物画なども紹介される。
 とにかく伝えたいことは山ほどあってあふれ出すけれど結果いろんな話題をつまみ食いしてまとまりがない感じ。
 プラド美術館の「モナリザ」はレオナルドの「モナリザ」の模写と考えられていたが調査の結果レオナルドと同時期に弟子によって描かれたものとわかったとか、ゴヤの「村の結婚式」に隠された秘密など新しい情報ではない。
 共和政時代に全国をまわった移動美術展、スペイン内戦時代の絵画の疎開、絵画の修復の様子、タピストリーの制作の様子などに少しずつ触れ、さらにいろんなひとの絵画に対する想い、ナポリの町、なぜか長々とフラメンコ、とあまりに盛りだくさん。なのに上映時間は90分と短い。
 原語版も同じなのかもしれないが私が観た吹替版はやたら芝居がかったしゃべり方でうるさかった。

・ 監督: ヴァレリア・パリージ
・ 出演: ジェレミー・アイアンズ

■プラド美術館 驚異のコレクション(吹替) THE PRADO MUSEUM. A COLLECTION OF WONDERS (2019/2020、イタリア/スペイン) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6503-35af15d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)