FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
透明人間 (1992)
チェヴィー・チェイス主演の透明人間コメディ。DVDで観た。
 この映画では身体だけでなく着ている服も透明になる。映画の観客にはたいていの場合不透明の主人公が見える。電話の受話器を持って鏡の前に立つと鏡には受話器だけが映る。ただし細かく見ると受話器のケーブルのねじれが鏡像になっていない部分が見つかった。
 透明になるのは透明になったときに着ていた服だけ。一度脱ぐと本人さえも透明服を見つけるのに苦労する。

□ (サンフランシスコ)
 3月のある火曜日
 独身で社交的でもないニック・ハロウェーはスキー場のロッジをシングルで予約する。アカデミー・クラブで友人のジョージからアリス・モンローを紹介される。意気投合したふたりは化粧室で XXX して金曜日のランチを約束した。

 翌日、ひどい二日酔いのニックはマグナスコピク研究所の会議に出席する。トイレを探していたニックは小部屋を見つけ仮眠することにした。
 (マグナ社内で事故が発生し建物内にいた人たちは全員屋外に避難した。寝ていたニックは気がつかなかった。)
 ニックが目覚めるとマグナ社の建物はエメンタールチーズみたいに穴だらけになっていた。建物が崩壊したのではなくあちこちが透明になっていた。逃げ出す方法を探していたニックは自分自身が透明になっていることに気がついた。
 CIAのジェンキンズという男がニックを発見し研究所に連れて行こうとするが、ニックは逃げ出した。ジェンキンスはニックの事を報告せず“見えない諜報員”として利用しようと考えた。ニックは自宅に戻った。

 翌日、ジェンキンズが率いる武装した男たちが自宅の建物を取り囲んだがニックは逃げ出した。ニックはアカデミークラブに隠れた。
 金曜日。ニックは通勤途中のマグナ社の科学者ワックス博士に助けを求める。ワックス博士を監視していたCIAたちがニックに気づいて追いかけてきた。
 ニックがランチに現れないためアリスはニックの勤務先に電話する。CIAが盗聴していた。
 ニックはジェンキンズの事務所に忍び込んだ。ジェンキンズはニックに“見えない諜報員”になることを提案したがニックは拒否した。
 ニックはサンフランシスコを離れ海岸のジョージの別荘に隠れた。

 冬になりジョージ夫婦がアリスたちを連れて別荘にやってきた。
 アリスは電話でニックから海岸の家に来るように頼まれた。中ではガウンを着て頭全体を包帯で巻き黒メガネをかけたニックがいた。ニックは包帯をはずした。中には何もなかった。アリスは透明なニックを理解した。
 ジョージ達が別荘を出て行きアリスは残った。ニックとアリスはメキシコに隠れようと列車に乗った。アリスは追跡してきたジェンキンズに捕らえられた。麻酔薬を撃たれたニックは川に落ちた。

 ニックは電話でジェンキンズにアリスを解放すれば降伏すると伝えた。ジェンキンズは要求に従いアリスをタクシーに乗せた。ジェンキンズの部下たちが頭に包帯を巻き黒メガネをかけた男に飛びついた。男はジョージだった。
 アリスが乘ったタクシーが止められドライバーに化けていたニックは工事中の建物に昇った。ジェンキンズは飛び降りようと屋上のふちに立ったニックを捕まえようとするが服の中身は空だった。・・・・・



・ 監督: ジョン・カーペンター
・ 原作: H・F・セイント
・ 出演:
   チェヴィー・チェイス      ...ニック・ハロウェー
   ダリル・ハンナ         ...アリス・モンロー
   サム・ニール          ...ジェンキンズ、CIA

◆透明人間 MEMOIRS OF AN INVISIBLE MAN (1992/1992)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6492-508f3d72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)