FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
透明人間 (2020)  ★
クレジットはされていないが、過去何度も映画化されたH・G・ウェルズ著「透明人間(1897)」が大元。透明化に成功する科学者がかなり尊大な人物でだんだん行動がヒートアップしていくのも似ている。
 ウエルズの透明人間は身体が見えなくなる薬品を発見するが、本作では周囲から見えなくなるスーツを発明する。

 人々が見えない男に乱暴されるシーンはかなりすさまじい。やられる側の俳優の演技だけでは無理だと思う。グリーンスーツやCGの組み合わせと思われるけれど、どうやって映像化したのか知りたい。


□ 恋人エイドリアンの度を超した束縛に耐え切れなくなったセシリアはついに彼の豪邸から逃げ出した。エイドリアンは光学研究で著名な科学者で富豪。セシリアを愛しているのは確かだが愛し方が異常で、容姿や衣服、食べるもの、話すこと、考えることまで支配した。エイドリアンはセシリアとの子供を欲しがっている。エイドリアンに探し出されて連れ戻されることを極度に恐れるセシリアは妹エミリーではなく友人で警察官のジェームズが娘シドニーと暮らす家に隠れる。
 2週間後、エイドリアンの自殺が報じられた。エイドリアンの兄のトムが遺言執行人としてセシリアに巨額の遺産が残されたことを伝えた。トムのオフィスにはエイドリアンの遺灰が入ったケースが置かれていた。
 やがてセシリアの周囲で奇妙なことが起き始める。セシリアはエイドリアンがまだ生きていると確信する。エイドリアンは姿を見えなくする技術を開発してセシリアのそばにいると考えた。もちろんエミリーもジェームズもそんなことは信じない。
 セシリアはエイドリアンの家に戻りその証拠を見つけた。
 レストランでセシリアがエミリーにそのことを話そうとしているときにエミリーが殺される。周囲の客には喉から血を流しているエミリーと、包丁を握っているセシリアしか見えなかった。
 セシリアは精神医療センターに監禁される。そこにも見えない男はやってきた。
 エイドリアンは愛するセシリアを殺さない。しかしセシリアが愛するものを殺す。次のターゲットはシドニー。
 ・・・・・



・ 監督: リー・ワネル
・ 出演: 
    エリザベス・モス         ... セシリア
    オルディス・ホッジ        ... ジェームズ
    ストーム・リード          ... シドニー
    ハリエット・ダイアー        ... エミリー
    マイケル・ドーマン         ... トム
    オリヴァー・ジャクソン=コーエン  ... エイドリアン

> トムのオフィスがあるのはサンフランシスコ。エイドリアンの邸宅があるスティンソン・ビーチはサンフランシスコ北西方向の太平洋岸。ただし撮影が行われたのはオーストラリア。

■透明人間(字幕版) THE INVISIBLE MAN (2020/2020、オーストラリア他)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6486-18c87475
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)