FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
スケアリーストーリーズ 怖い本 (2019)  ★★
約50年前、ベトナム戦争の頃。怖い言い伝えのある誰も住んでいない屋敷に入り込んだ4人の少年少女は手書きの恐怖小説集を見つける。DVDで観た。
 最後、主人公の少女ステラは姿を消した2人の親友を救い出したいと考えている。続編か企画されていてステラとラモンが出演。
 この映画の時代1968年には携帯電話はなかった。少年たちが連絡に使っているのはウォーキートーキー(日本での呼び名はトランシーバー)と呼ばれる小型無線機。コンピュータも普及していなかった。古い新聞記事はマイクロフィルムに保管された。
 ワックス・シリンダー(蝋管):「エジソンズ・ゲーム(2020)」でエジソンが亡くなった妻の声を聞いている。当時は「レコード」と呼ばれたらしい。その後円盤型のレコードが主流となった。


□ 1968年のハロウィーン、ペンシルベニア州ミルバレー。
 ホラー映画好きのステラはホラー小説を書いている。乱暴者のトミーは案山子のハロルドをバットでなぐった。
 始終トミーに嫌がらせをされているステラ、オギー、チャックたちはトミーに仕返しをした。トミー達に追いかけられた3人はラモンという青年の車に隠れた。
 ステラたちはラモンを「幽霊屋敷」に誘った。19世紀後半に移住してきたペローズ家は製紙工場を建てて町を栄えさせた。その屋敷は今は廃墟となっている。言い伝えによればベローズ家にはサラという娘がいたが一家はサラを監禁した。サラは子供たちを殺したらしい。サラは自殺した。
 ステラたちは屋敷に侵入した。チャックは赤い部屋にいる老婆と犬を見た。
 ステラたちはサラが監禁されていた隠し部屋を見つけた。ステラはサラが書いた「スケアリーストーリーズ(怖い物語)」という本を見つけた。ステラはサラの本を見ながら「怖いお話を聞かせて」と言った。

 ステラはラモンを自宅地下室に泊まらせた。
 ステラが持ち帰ったサラの本を見ると、書かれている最新の物語は「ハロルド」でまだ赤いインクが渇いていなかった。そのお話には“トミー”が出てきた。
 翌日になると物語が完結していてトミーは案山子になった。現実のトミーは行方不明になった。ステラとラモンは案山子のハロルドを見に行く。ハロルドはトミーの服を着ていた。ステラはサラの本を屋敷に戻した。

 返したはずのサラの本がステラの部屋にあった。新しい物語「大きなつま先"The Big Toe"」が現れステラとラモンの目の前で書き進められていく。その物語にはオーガスト(オギー)が登場する。オギーがいなくなった。
 ステラ、ラモン、チャックはサラの本を焼却しようとするができなかった。彼らは新聞社に行ってサラ・ペローズについて調べ始めた。サラが自殺して1年ほどの間にベローズの家族たちは次々と消えていなくなった。サラの本の物語には家族の名前が使われていた。ステラはサラが物語を書いたため家族が消えたのだと思った。
 本が新しい物語「赤い点"The Red Spot"」を書き始めた。主人公はチャックの姉のルーシー。ルーシーは大量のクモに襲われ精神科病院に運ばれた。
 3人は、サラの自殺後ベローズ家を解雇された召使の娘ルル(今は老人)を訪ね、サラが病院で自殺したことを知る。
 ステラとラモンはサラが入れられた病院の古い資料を見つける。サラは家族によって精神科病院に入院させられた。担当医は実の兄エフライム。サラは子供を殺したことを認めるよう拷問された。ワックス・シリンダー(蝋管)にサラの声が残っていた。サラによればベローズの工場から排出された水銀が水を汚染させていた。サラはそれを公表しようとして家族に閉じ込められたのだった。サラの録音された声は物語を語り始めた。「チャーリーは赤い部屋の夢を見た」。サラの本に新しい「夢"The Dream"」が現れた。チャックが消えた。

 警察署長のターナーは「サラの本」の話を信じなかった。ベトナムへの徴兵忌避で逃亡中のラモンは逮捕された。ステラは帰宅を拒みラモンの隣の牢屋に泊まった。
 サラの本に新しい物語"Me Tie Dough-ty Walker"が始まる。ラモンを殺すために現れた“ジャングリーマン”はターナーを殺した。警察署を逃げ出したラモンはステラに「サラの家に行って彼女を止めろ」と言った。ジャングリーマンはラモンを追っていった。
 サラの屋敷に駆け込んだラモンは「サラの本」を拾った。新しい物語「幽霊屋敷"The Haunted House"」が始まる。主役はステラ。

 サラの屋敷でステラは「あなたが無実だとわかっている。もう物語を書かないで。」と叫んだ。
 屋敷内に照明がともり、ステラの手からサラの本が消えていた。ステラはサラが生きていた時代にいた。ベローズの家族たちがサラ(ステラ)をつかまえ隠し部屋に閉じ込めた。
 ステラはサラに「あなたは犠牲者。でも今のあなたは怪物で私の友達たちを奪った。」と言い「あなたの真実の物語を書く」と誓いサラの本に自分の血で書いた。サラもジャングリーマンも消えた。
 
 ステラは約束通りサラの真実の物語を書いて公表した。ラモンは従軍していった。
 ルーシーは退院した。ステラはオギーとチャックを救う方法があるはずだと信じている。


> ベローズ家のひとりの名前がハロルドだった。案山子と関係があるのだろうか。


・ 監督: アンドレ・ウーヴレダル
・ 原作: アルヴィン・シュワルツ
・ 出演: ゾーイ・コレッティ、マイケル・ガーザ

【映画の中の映画】 「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生"Night of the Living Dead"(1968)」...ドライブインシアターで上映

■スケアリーストーリーズ 怖い本 SCARY STORIES TO TELL IN THE DARK (2019/2020) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6481-ea297358
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)