FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
トランジット17 第17区  (2018) ▼
ウイルスが蔓延したベルギー。非感染者を捕らえて隔離している支配層に対しレジスタンスが抵抗している。映画としては、レジスタンスのチームがひとりの少女を送り届けるというもの。開始早々主役がやたら偉そうに大見えを切る。全体に余計なシーンやつまらない台詞が多い、おもしろくなかった。低予算映画で監督・脚本・主役兼任。DVDで観た。

□ ウイルスのアウトブレイクから7年。フランス、ベルギー、オランダはヨーロッパの中で孤立している。
 レジスタンスは治療薬の開発を試みている。テックスたちのチームは第17区で保護されている15歳の少女を受取り目的地まで送り届ける任務に就く。少女はウイルスに対する抗体を持っているらしく治療薬を開発できるかもしれない。しかし第17区まで75キロ、目的地まで100キロの非常に危険な任務。
 アルファチーム5人はピッグという装甲車で出発する。本部ではふたりが見守っていてチームを支援する。
 ・・・・・


・ 監督: ガイ・ブレヤート
・ 出演: ガイ・ブレヤート、ザラ・フィシアン

□トランジット17 第17区  TRANSIT 17 (2018/---、英国)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6473-5652ffce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)