FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ペット・セメタリー (2019) ★
突然死んだ愛する人を生き返らすことができるとしたら。スティーヴン・キング原作ホラー。生き返った人はもしかすると違う恐ろしいものになっているかもしれない。2019年の映画。DVDで観た。

> 同じ原作で1989年にも映画化されている。「ペット・セメタリー(1989)」

 原作は読んでいないが、1989年版と大きく違うのはゲイジとエリーの役割が入れ替わっている。
 この2019年版にはふたつのエンディングがある。DVDには映画館公開版とは違うエンディングが特典映像として収録されている。

 
□ 大学の医師の職を得たルイス・クリードは家族(妻のレイチェル、娘エリー、息子ゲイジ、猫のチャーチ)と共に都会のボストンからメイン州の小さな町ラドロー"LUDLOW"に越してくる。裏庭から続く森もクリード家の敷地。家の前の道路はトラック(大型タンクローリー)が猛スピードでよく通る。
 レイチェルとエリーは動物のマスクをかぶり森を歩く子供たちを見た。エリーは森の奥で子供たちが作ったペットの霊園(セメタリー)を見つけた。セメタリーの奥には木が積み重ねられていて壁のようになっていた。近所に住むジャドという老人がエリーが刺された蜂の針を抜いてくれた。

 大学の医務室にスケボーをしていて車に轢かれたビクター・パスコウという学生が担ぎ込まれてくる。しかしビクターは頭部にも大きな損傷を負っていてルイスの懸命の救命処置の甲斐もなく死んでしまう。
 死んだはずのビクターは「ルイス、障壁は絶対に越えるな」と言った。
 夜、ルイスはビクターの声に導かれてペット・セメタリーに入る。奥の境界に足をかけるとビクターは「土地が腐っている」と叫んだ。ベッドで目覚めたルイスの足は土で汚れていた。

 ハロウィーンの日、猫のチャーチの轢死体が見つかる。エリーが悲しむだろうとルイスもレイチェルも悩んだ。夜、ジャドはルイスをペット・セメタリーの境界を越えた奥に連れていきチャーチを埋めさせた。翌日、チャーチがいた。チャーチの毛づくろいをしていたエリーがチャーチに引っ掻かれる。エリーはチャーチを怖がるようになる。
 レイチェルには体の悪い姉妹のゼルダがいた。レイチェルが幼い頃ゼルダは死んだ。レイチェルはゼルダが死んだのは自分のせいだと思っている。レイチェルはゼルダの亡霊を見るようになる。
 ジャドによればチャーチを埋めた土地は元々先住民の土地で彼らはそこにウェンディゴという精霊がいると信じ恐れていた。彼らは誰も入れないように境界を作って去った。その土地には死者を蘇らせる力がある。しかしジャドはチャーチが狂暴になるとは思っていなかった。
 ルイスはチャーチを遠くに連れて行って捨てた。

 エリーの9歳の誕生日。エリーは道路の向こうにいるチャーチに気づいて駆け寄った。道路に飛び出してきたゲイジを避けようとしたトラックがひっくり返りエリーを殺した。
 エリーを埋葬しレイチェルとゲイジはボストンの実家に行った。
 ルイスはエリーの遺体を掘り出した。ビクターが止めたがウェンディゴの土地に埋めた。
 ボストンの実家に戻ったレイチェルはゼルダに悩まされる。ゲイジはビクター・パスコウに「家に帰れ」と言われる。
 エリーが戻ってきた。

 翌日、目を覚ましたジャドはルイスの様子を見に行くがルイスはジャドを家に入れなかった。自分の家に戻ったジャドはエリーに殺された。
 ボストンから戻ってきたレイチェルは死んだはずのエリーと会っておびえた。
 エリーがレイチェルを襲っている間に、ルイスはゲイジを車の中に隠した。

(1:映画館公開版のエンディング)
 エリーはレイチェルを殺して埋めた
 エリーを殺そうとしたルイスは蘇ったレイチェルに殺された。
 蘇ったルイス、エリー、レイチェルはジャッドの家に火を点け車の中のゲイジに近付いていく。チャーチもいる。

(2:DVDに収録されているもうひとつのエンディング)
 意識を取り戻したルイスはレイチェルを引きずっているエリーにセメタリーで追いついた。
 ルイスとエリーはレイチェルを埋めた。
 ルイスとエリーはジャッドの家に火を点け車の中のゲイジに近付いていった。
 家の中でルイスが泣いているゲイジを抱いている。蘇ったレイチェル、エリー、チャーチが寄り添う。


・ 監督: ケヴィン・コルシュ、デニス・ウィドマイヤー
・ 原作: スティーヴン・キング
・ 出演: 
    ジェイソン・クラーク    ... ルイス・クリード
    エイミー・サイメッツ    ... レイチェル・クリード
    ジェテ・ローレンス     ... エリー・クリード(9歳)
    ジョン・リスゴー       ... ジャド

> 霊園(セメタリー)の看板に書かれている"SEMATARY"はミススペル。正しくは"CEMETERY"。子供が書いたので間違えた。

■ペット・セメタリー PET SEMATARY (2019/2020)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6471-ee2e3e8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)