FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ジョン・デロリアン (2018) ★
デロリアンを知らない映画ファンはいない、というのは言い過ぎかもしれないけれど90年代末期の大ヒット映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー (1985)」でタイムマシンに改造されたことで有名なガルウィングの高級車。しかし私自身はこの映画以外で聞いたことがない。DVDで観た。

 1975年、ゼネラル・モーターズ(GM)の副社長だったジョン・ザッカリー・デロリアンは独立してデロリアン・モーター社を設立、1981年に同社唯一のモデルとなったDMC-12を発売した。発売当初の受注は好調だったもののすぐに販売不振に陥る。さらに1982年に社長のデロリアンが麻薬売買で逮捕され会社は倒産した。
 1985年に公開された「バック・トゥ・ザ・フューチャー (1985)」によってDMC-12は一躍有名になった。しかし映画にはこの車はほとんど出てこない。FBIと組んでジョン・デロリアンを陥れようとしたジム・ホフマンを中心に描いている。


□ 1977年、ジム・ホフマンは妻子と共に南カリフォルニアの高級住宅地パウマ・バレーに越してくる。
 実はジムはFBIに弱みを握られていて情報屋になっている。FBIはジムの知人で麻薬密売をしているモーガンを追っていた。
 ジムは向いの邸宅に住むジョン・デロリアンと知り合い友人となった。ジムの車はGM時代にデロリアンが開発に加わったポンティアックGTOだった。GMを離れたデロリアンは理想的な車の構想を練っていた。デロリアンはパーティでガルウィングが特徴的な開発中の車のデザインをお披露目して喝さいを浴びた。デロリアンは英国のベルファストに工場を建設し18ヶ月で年間3万台の生産体制を整えるつもりだ。英国政府からの補助金も得ることができた。
 ・・・・・
 しかし8000台作って売れたのは3000台。英国政府の補助金も打ち切られた。いますぐに3000万ドル必要だが、銀行、ヘッジファンド、投資家にも見放され八方ふさがりの状態となっている。
 デロリアンはジムになんとか助けてほしいと頼んだ。
 ジム・ホフマンはジョン・デロリアンとモーガンを引き合わせて両方をFBIに差し出そうと考えた。
 ・・・・・
 ジョン・デロリアンが麻薬取引で逮捕される。
 カリフォルニア地方裁判所で裁判が始まり証人席にジム・ホフマンが座った。
 ・・・・・
 デロリアンは無罪となった。デロリアンは次の車の夢を追っていた。


・ 監督: ニック・ハム
・ 出演: 
     ジェイソン・サダイキス      ... ジム・ホフマン
     リー・ペイス           ... ジョン・デロリアン
     ジュディ・グリア          ... エレン・ホフマン
     ジャスティン・バーサ       ... 弁護士
     コリー・ストール          ... FBI

■ジョン・デロリアン DRIVEN (2018/2019)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6466-cd49dada
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)