FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
マトリックス レボリューションズ (2003)
人々が生きていると思っている世界は実はVRの世界だった。「マトリックス(1999)」「マトリックス リローデッド(2003)」に続く三作目。DVDで観た。
 3作目の本作ではオラクルの外見が変わっている。一作目、二作目でオラクルを演じたグロリア・フォスターが三作目撮影前に亡くなった。

> 4作目"Matrix4"が予定されている(2020/4頃の情報)。

□ 機械軍センチネルが現実世界の人間最後の街ザイオンに迫っている。
 ハンマー号は昏睡状態のネオとベインを収容したがどちらも目覚めない。ネオは機械の世界とマトリックスの境に迷い込んでいて出られなかった。モーフィアスやトリニティたちがネオを救出した。
 目覚めたネオはトリニティと共にロゴス号でマシン・シティーに向かう。ネオはスミスに同化されたベインと戦うが目を焼かれて視力を失う。盲目のネオはスミスを識別し倒した。トリニティがロゴスをマシン・シティに向かわせた。
 センチネルがザイオンを攻撃、必死の防戦もむなしく壊滅寸前。ギリギリで飛び込んだハンマーがEMPを発射しセンチネルは無力化された。しかしザイオンも防御システムを失い、次の攻撃があれば滅びる。
 マシンシティに近付いたロゴスは猛攻撃を受けて墜落する。ネオはひとりでマシンシティに入りリーダーと話した。「オラクルまで同化して強大な力を持った共通の敵であるスミスを自分が倒す。条件は平和。」
 ザイオンに押し寄せていたセンチネルが突然攻撃を止める。
 マトリックスで、ネオはスミスと対決した。
 ザイオンからセンチネルが去って行った。ザイオンに歓声が響き渡った。
 マトリックスにネオを讃える美しい日の出が昇った。アーキテクトは希望者はマトリックスから解放されると約束した。
 オラクルはこうなることを知らなかった。でもネオを信じていた。


・ 監督: アンディ・ウォシャウスキー/ラリー・ウォシャウスキー
・ 出演: 
    キアヌ・リーヴス            ... ネオ/トーマス・アンダーソン
    ローレンス・フィッシュバーン     ... モーフィアス
    キャリー=アン・モス          ... トリニティ
    ヒューゴ・ウィーヴィング        ... スミス
         モニカ・ベルッチ、コリン・チョウ

【映画の中の日本】 ザイオンを守る指揮官の役名が「ミフネ」。顔を見ればなぜ「ミフネ」かわかる。

> 字幕で「救世主」 英語音声では"the one"

◆マトリックス レボリューションズ THE MATRIX REVOLUTIONS (2003/2003)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6464-1e801cbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)