FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
国家が破産する日 (2018、韓国) ★
韓国銀行通貨政策チームが国家財政の危機を察知して報告、大統領府にまで伝わる。しかし打開策はない。チーム長は国民の生活を少しでも守るために国民全体に知らせるべきだと主張するが却下される。さらにチーム長が反対するIMFへの支援要請が行われる。一庶民である町工場の経営者は好景気という報道を信じて大口注文を手形支払いで引き受けた。独自に危機を察知した若い金融コンサルタントは危機をチャンスととらえ退職して顧客を募集する。1997年に韓国で起きた通貨危機をテーマにしたフィクション。DVDで観た。


□ 1977年の韓国はOECD加盟も実現し好景気に沸いていた。国民の85%以上が自分を中間層と考えている。新卒の就職率も高く優秀な人材は引っ張りだこ。ウォンも高値を維持している。韓国銀行は来年の経済成長率の予想を7%に上方修正した。

 11月。韓国銀行通貨政策チーム長のハン・シヒョンは大企業倒産をきっかけに外国資本が韓国から撤退を始めている事実をつかむ。ウォンの下落を防ぐために政府は外貨準備金をつぎ込んでいる。ハン・シヒョンの分析ではあと1週間で国家は破産する。国家の危機は大統領府まで伝えられるが打開策は見つからない。ハン・シヒョンは国民に知らせるべきだと主張するが却下された。ハン・シヒョンが調査すると企業はむやみに事業を拡大し銀行はろくな審査もせずに企業に融資している。一カ所が崩れれば連鎖的に崩れるだろう。
 高麗総合金融の若手金融コンサルタントのユン・ジョンハクは独自の分析で韓国経済の危機を察知、ハン・シヒョンと同じ結論に達する。退職したユン・ジョンハクは顧客を集めて説明するが話が大きすぎて信用されない。ふたりだけがユン・ジョンハクに賭けた。ユン・ジョンハクはふたりにドルを買わせた。
 小さな食器工場を経営するガプスはミドパ百貨店からの大口注文に大興奮。しかし支払いは現金ではなく手形。ガプスは悩んだ末に契約した。

11月19日
 取引開始と共に株価が急落し、ウォンが急落する。ミドパ百貨店が不渡りを出す。大手企業が次々に不渡りを出し超大手企業にまで及んだ。高麗総合金融も不渡りを出す。トップ100企業のうち20社が倒産。ウォール街では韓国国家破産のうわさが流れている。
 ウォンが下落するとの予想を見事に当てたユン・ジョンハクは政府が大企業や財閥を救うためにIMFに助けを求めそれを口実に富めるものを生かす改革を進めるはずと読み2人の顧客を連れて不動産屋へ行き売り物件が急増しているマンションをすべて買う。
 記者たちからの質問に対し経済首席は韓国は破産寸前ではないし、IMF支援も受けないと断言した。
 しかし、ハン・シヒョンは反対するが政府はIMF支援を決めた。11月21日に政府は国家破産の危機を認めIMFに支援要請をしていることを発表した。
 IMFは韓国の経済政策まで口を出してくる。しかし会議中に韓国の評価がさらに下落、韓国に選択の余地しない。
 ハン・シヒョンは首を覚悟で記者たちを集めIMFと政府の実情を訴えた。
 12月3日 韓国はIMFとの合意案に署名した。IMFが韓国経済を管理するようになる。翌年 韓国では失業者が130万人を超えた。



・ 監督: チェ・グクヒ
・ 出演: 
    キム・ヘス        ... ハン・シヒョン、韓国銀行通貨政策チーム長。
    ユ・アイン         ... ユン・ジョンハク、金融コンサルタント
    ホ・ジュノ         ... ガプス、食器工場経営者
    チョ・ウジン        ... パク・デヨン、財務局次官
    ヴァンサン・カッセル   ... IMF

■国家が破産する日 국가부도의 날 DEFAULT (2018/2019、韓国)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6461-fddaec08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)