FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
オフィーリア (2018) ★
シェイクスピアの戯曲「ハムレット」の物語をオフィーリアの目線で描いた映画。DVDで観た。

 「ハムレット」ではデンマーク王の弟クローディアスと王妃が不倫をし、クローディアスが兄国王を暗殺、王妃と再婚して自分が王位につく。父親の亡霊からそれを知ったハムレット王子がクローディアス新王を殺すつもりで間違ってオフィーリアの父親を殺してしまう。オフィーリアはその悲しみに正気を失い溺死した。映画の最初の場面はジョン・エヴァレット・ミレーが描いた絵画「オフィーリア(1852)」。オフィーリアを演じているのは「スター・ウォーズ」のレイ役、デイジー・リドリー。


□ デンマーク ヘルシンゲル(Helsingør)城
 ハムレット王子が大学から戻ってくる。
 侍女のオフィーリアはガートルード王妃から、森に住む治療師のメヒティルトから薬をもらってくるようにいいつけられた。
 国王が庭で毒蛇に噛まれ急死する。国王の弟クラウディウスが、前国王の王妃と結婚して新国王となる。
 オフィーリアとハムレットは恋に落ち秘密裏に結婚しセックスした。
 オフィーリアは、クラウディウス王がメヒティルトから手に入れた毒薬で前国王を殺したことを知りハムレットに伝えた。
 ハムレットがクラウディウス王と勘違いしてオフィーリアの父親ポローニアスを刺し殺してしまう。
 父親の死に正気を失ったオフィーリアは異常な行動をして水に入り死んだ。実はオフィーリアはメヒティルトから手に入れた死を偽装する薬を飲み、生きていた。
 オフィーリアの兄レアティーズはハムレットに決闘を申し込む。ハムレットとレアティーズは斬りあってどちらも死んだ。
 ガートルード王妃は息子ハムレットの剣でクラウディウス王を刺し殺し毒薬を飲んだ。
 逃れたオフィーリアはやがて娘を産み平和に暮らした。



・ 監督: クレア・マッカーシー
・ 原作: リサ・クライン
・ キャラクター創造: ウィリアム・シェイクスピア
・ 出演: 
    デイジー・リドリー     ... オフィーリア
    ナオミ・ワッツ        ... ガートルード王妃/メヒティルト
    クライヴ・オーウェン    ... クローディアス
    ジョージ・マッケイ     ... ハムレット
    トム・フェルトン       ... レアティーズ
    デヴォン・テレル      ... ホレイショー

> ハムレットが学んだウィッテンバーグ(ヴィッテンベルク)は現在のドイツ東部にある。マルティン・ルターが宗教改革を訴えたことで有名。

■オフィーリア OPHELIA (2018/---)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6458-8a9c3353
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)