FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
スペーストラベラーズ (2000、日本)
舞台コメディ「ジョビジョバ大ピンチ」の映画版。DVDで観た。

最後の方のシーンは「明日に向って撃て! (1969)」を思い浮かんだ。


□ 孤児院育ちの西山・藤本・高村の三人は南の島に行くつもりでパスポート用意した。その前に銀行で5分で金を引き出すつもりでトラックで乗り付けた。藤本はアニメ「スペーストラベラーズ」のヒロイン、アイリーンに夢中。アイリーンの口癖は「すっきりした」。

 閉店直前のコスモ銀行に大きなバッグと熊のぬいぐるみを抱えた大男が入ってくる。男はバッグの中から外国札の束を出して両替を要求した。
 窓口担当の相田みどりはその日が寿退社。奥では祝賀パーティの用意を進めている。今回は全員警官コスプレで祝福するつもり。行員で婚約者の野々村は誰にでも手を出すいい加減な男。みどりもそれを知っているが「命をかけて君を守る」という口説き文句に負けた。
 電気屋の倉沢は忘れた自分の暗証番号を教えろと行員の清水につきまとっている。
 口げんかしながら入ってきた深浦夫婦は離婚前に預金を解約して二等分するつもり。

 閉店時間となりシャッターが閉まる直前にマスクをかぶり銃を持った三人組が押し入ってきた。
 別室でパーティの準備をしていた行員たちはそのまま閉じ込められる。
 ロビーに残っていた客は深浦夫婦、電気屋の倉沢、熊のぬいぐるみの坂巻の4人。相田みどりは婚約者の野々村が自分を助けようともせずに隠れているのに失望する。西山が支店長と警備員に金庫を開けさせ現金をバッグに詰めさせる。ところが警備員が西山を外に追い出し中から金庫の扉を閉めてしまう。

 金庫から一人で戻ってきた西山を見た行員の清水が支店長が殺されたと勘違いし逃げようとして連れ戻された。銀行の外で駐車違反のトラックを調べていた警官二人が銀行で警官(実はコスプレ)が男たちに捕らえられているのを見た直後に銃声を聞いた。銀行に警官隊とマスコミが押し寄せる。テレビは銀行強盗が警察官を殺したと報じた。

 みどりは換気ダクトを伝わって逃げようとしている野々村に気がついた。野々村の携帯に女から電話が入る。頭にきたみどりが機関銃をうばい換気ダクトに向かって乱射。一発が外のパトカーに当たって炎上。藤本に助けられたみどりは「すっきりした」と言った。
 銀行内の監視カメラの記録映像に映っていた男が判明する。警視庁本部長は主犯が国際テロリストの坂巻で、非常に危険な強盗団と発表した。

 警察が行内の事情をまったく把握していないことに気がついた西山たちは坂巻のアドバイスも参考にして自分たちを実際より大きく見せかけることにする。
 警察に電話をかけた藤本はスペーストラベラーズと名乗り50億円を要求した。ところが藤本以外に「スペーストラベラーズ」を知っているのは清水だけ。藤本と清水は思わず握手した。西山・藤本・高村の3人、客の深浦夫婦・倉沢・坂巻の4人、行員のみどりと清水、計9人の強盗団スペーストラベラーズが結成される。もちろん3人以外は“強盗のフリ”だけ。
 ・・・・・
 夜、スペーストラベラーズが別室にいた行員たちを解放した。
 夜が明け警官隊が銀行に突入する。


・ 監督: 本広克行
・ 原作: 舞台劇「ジョビジョバ大ピンチ」 児島雄一
・ 出演: 金城武、安藤政信、池内博之、深津絵里、渡辺謙
           筧利夫、鈴木砂羽、甲本雅裕、武野功雄、ガッツ石松、大杉漣、中山仁、濱田雅功

◆スペーストラベラーズ (2000、日本)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6440-a5f09de5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)