FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ザ・ハント ナチスに狙われた男 (2017) ★
ナチスと戦ったノルウェー人ヤン・ボールスルド"Jan Sigurd Baalsrud"の実話をもとにしたノルウェー映画。クルト・シュターゲ親衛隊少佐も実在した人物。DVDで観た。

 1940年4月8日、ナチスドイツ軍が突然中立国ノルウェーに侵攻、翌日には全土を占領した。ノルウェーの傀儡政権はドイツに降伏。ノルウェー国王は傀儡政権の承認を拒否し英国に亡命した。いったんは英国に亡命したノルウェー人兵士たちは祖国での戦いを続けるために英軍の訓練を受けた。
 ヤン・ボールスルドは破壊活動のためにノルウェーに戻るがドイツ軍に見つかりただひとりだけ逃げのびた。ドイツ軍は12番目の男(原題)を追い続けたが、ヤンは地元民に助けられながら3ヵ月以上にわたってドイツ軍の捜索を逃れ国外に脱出した。
 ボールスルドはドイツ軍を翻弄し逃げ続けることでドイツ軍と戦った。 戦後、ボールスルドはノルウェーと英国の両方から勲章を授与された。

□ 1943年3月。英国で訓練を受けた12人のノルウェー兵士がマーティン・レッド作戦のためにノルウェーに潜入する。任務はノルウェー国内のドイツ軍航空管制塔の破壊。しかし住民に密告され乗っていた漁船がドイツ軍に拿捕される。1人はその場で射殺され10人が捕らえられた。ヤン・ボールスルドは足を撃たれブーツをなくしながら逃亡した。ヤンは逃げながらドイツ将校ひとりを射殺した。

 ドイツ軍による大規模な捜索の中で、ヤンは氷点下の海を泳いで逃げた。ヤンは民家に保護されブーツももらった。クルト・シュターゲ親衛隊少佐は12番目の男を捜し続けている。
ヤンは厳寒の中を歩き続け仲間が囚われているカラネスにたどり着いた。しかし結局全員処刑された。ヤンは愛国者たちの支援を受けてスウェーデンに向かう。
 ヤンはドイツ軍の拠点となっているリュンスアイデドを抜けるときにクルト・シュターゲと出会った。ヤンは山で戦闘機に銃撃され雪崩に巻き込まれた。
 ヤンはしぶとく生き延びグロンヴォル農場にかくまわれた。しかしそこもドイツ軍の捜索を繰り返し受ける。
 歩けないヤンはそりとボートに乗せられてフィヨルドの対岸の小屋に案内された。ヤンはそこをサヴォイ・ホテル(ロンドン)より快適だと言った。足指の凍傷が悪化し壊疽が広がらないためにヤンは指を2本切り落とした。

 ヤンは運び出され山の中腹にある岩の陰に隠された。そこにマンダーレンの人たちが迎えに来るはずだった。しかし手違えでマンダーレンの人たちが来たのは10日後だった。足の壊疽はさらに広がっていた。

 マンダーレンの人たちはやせ衰えたヤンをかくまった。ヤンは自力で歩けず雪に覆われたスウェーデンとの国境にはドイツ軍の監視塔がある。6月1日、ヤンは国境を超えることができた。

 英国に戻ったヤン・ボールスルドはノルウェー兵たちを訓練した。



・ 監督: ハラルド・ズワルト
・ 出演:
   トマス・グルスタッド        ... ヤン・ボールスルド中尉
   ジョナサン・リス・マイヤーズ   ... クルト・シュターゲ親衛隊少佐
   マリー・ブロックス           ... グドゥルン・グロンヴォル
   マッツ・ショーゴード・ペテルセン   ... マリウス・グロンヴォル

> Google Mapで"Hotel Savoy, Jan Baalsrud"で検索すると小屋が見つかる。ヤン・ボールスルドが実際に使ったものかもしれない。もしかしたら復元されたものかもしれない。室内にはヤンのものらしい写真が飾られている。

【関連映画】 「ヒトラーに屈しなかった国王 (2016)」

■ザ・ハント ナチスに狙われた男 THE 12TH MAN "Den 12. mann" (2017/---、ノルウェー)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6439-fe77b156
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)