FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ペイバック (1999)
友人に裏切られ妻に撃たれ奇跡的に命を取り留めた男が要求するのは本来の分け前である7万ドル。男はたかが7万ドルを取り返すため次々と人を殺し組織に挑んでいく。暴力シーン満載の小気味いい映画。DVDの特典映像として撮影風景が収録されている。


□ ポーターは友人のヴァルから中国系ギャングが運ぶ現金を奪おうと持ち掛けられる。額は35~50万ドルの見込み。奪った金は山分けの約束。ヴァルは組織から13万ドル借りている。
 ポーターが計画を建て首尾よくケースを奪う。ところがケースに入っていたのは14万ドル。分け前の7万ドルではヴァルは借金を返せない。ポーターは妻のリンに撃たれ、ヴァルとリンは金を持ち去った。リンは、夫のヴァルがロージーと浮気をしていることを知ってヴァルに協力した。

 闇医者にかかり生き延びたポーターはリンを探し当てるがリンはヘロインで死んでしまう。
 ヴァルを探し当てたポーターは分け前の7万ドルを翌日正午までに返せと要求した。ヴァルは組織のボスのカーターに泣きついた。
 約束の場所に現れたポーターは殺し屋たちに襲われるが悪徳警官たちに救われた。警官たちはポーターに金を要求した。
 ヴァルは組織のボスはカーターとフェアファックスだと話した。ポーターはヴァルを撃ち殺した。
 ポーターはカーターのビルに乗り込み7万ドルを要求した。
 カーターはブロンソンに電話した。ブロンソンは7万ドルを拒否した。ポーターはカーターを撃ち殺した。
 街に戻ってきたフェアファックスの前にポーターが現れる。フェアファックスはブロンソンに電話した。ポーターはブロンソンの息子を誘拐していた。フェアファックスの邸宅の前で張り込んでいた悪徳警官たちが内務調査課に連行される。彼らのバッジや指紋のついた拳銃がカーターの死体のそばから見つかっていた。
 ポーターはフェアファックスに捕まる。ブロンソンが金を持ってやってくるがポーターに渡すつもりはない。拷問されたポーターはブロンソンの息子が監禁されている場所を吐いた。
 ポーターの恋人ロージーがブロンソンの息子を見張っていた。
 フェアファックスやブロンソンたちが部屋に迫る。 ・・・・・


・ 監督: ブライアン・ヘルゲランド
・ 原作: リチャード・スターク "THE HUNTER"
・ 出演: 
    メル・ギブソン    ... ポーター
      グレッグ・ヘンリー、マリア・ベロ、デヴィッド・ペイマー、デボラ・カーラ・アンガー、
      ウィリアム・ディヴェイン、クリス・クリストファーソン、ジェームズ・コバーン、ジョン・グローヴァー、
      ルーシー・リュー、ビル・デューク、ジャック・コンレイ

> G.S.W. = gun shot wound = 銃創

【関連映画】 「殺しの分け前ポイントブランク (1967)」...原作が同じ

◆ペイバック PAYBACK(1999/1999)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6433-5a7ad142
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)