FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
フリークス 能力者たち (2018) ★★
父親と暮らす幼いクロエ。外は怖いので外出は禁止。目から血を流すパパは他の人たちと違っているらしい。彼らはフリークとかアブノーマル(異常)と呼ばれている。10年前に大事件が起き、フリークスは追われる身となった。パパは娘クロエと身を潜めて生き延びようとした。しかしクロエは隠れていることに不満を持つようになる。クロエも不思議な能力を持っているのだが他の人たちをよく知らないので自分が特別だとわかっていない。DVDで観た。


□ 7歳のクロエはパパと一緒に暮らしている。ママは死んだ。外に出ると悪い人がいるので外出は禁止、窓は外から見えないようにカーテンで塞がれている。パパは時々目から血を流す。夜、時々幽霊が出る。

 クロエがうるさくアイスクリームをせがむのでパパが買いに行った。腹を撃たれて戻ってきたがアイスクリームを持ってこなかった。パパはそのまま眠ってしまった。クロエは金庫からお金を出して初めて外に出た。
 アイスクリーム・トラックの老人はクロエの名前を知っていた。クロエはアイスクリームをもらいトラックに乗った。大きな看板が目から血を流す人がいたら通報するように呼びかけていた。
 老人はクロエのママの写真を持っていた。ママは老人の娘だった。祖父(老人)はクロエにママの写真を貸してくれた。
 祖父はフリークスを担当するADFのレイ捜査官をだましてフリークスが収容されているマドック山に潜り込もうとするが失敗した。

 パパは外出したクロエを物置に閉じ込めた。ママは「クロエ、助けて!」と言った。
 パパはママが死んだと思っていたが、ママはマドック山に閉じ込められている。しかしママは殺されようとしていた。
 レイ捜査官がやってくる。パパが普通の人のふりをして応対している間に、クロエはマドック山のママを助け出そうとする。しかしレイ捜査官はパパの嘘を見破り撃った。
 レイ捜査官が2階にあがると、逃げるママをクロエが助けていた。レイ捜査官はクロエを撃った。
 ・・・・・



・ 監督: アダム・B・スタイン、ザック・リポフスキー
・ 出演: 
    レクシー・コーカー     ... クロエ
    エミール・ハーシュ     ... パパ、ヘンリー
    ブルース・ダーン      ... アイスクリーム屋、祖父、アラン
    グレイス・パーク      ... ADFレイ捜査官
    アマンダ・クルー      ... ママ、メアリー

■フリークス 能力者たち FREAKS (2018/2020) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6418-ebebfda7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)