FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ライリー・ノース 復讐の女神 (2018) ★
暴力嫌いで平和主義の主婦が突然の襲撃で夫と娘を失う。犯人は捕まったのに法廷は何もしてくれなかった。主婦は復讐のために身を隠した。5年後、犯人や裁判関係者が次々に処刑される。DVDで観た。


□ 12月21日、夜。ロサンゼルス。ライリーと夫と幼い娘カーリーの3人は、カーリーの誕生日を遊園地で過ごしていた。カーリーはペパーミント(原題)・ダブルのアイスクリームを食べていた。突然3人は銃撃される。夫とカーリーは死亡しライリーだけが生き残る。被告人側の弁護人がライリーを訪ね金を出そうとした。裁判でライリーは被告3人を犯人だと証言した。しかしライリーの証言は無視された。ライリーは法廷で騒ぎ救急車で精神病院に送られそうになる。ライリーは救急車から逃走した。

 5年後、ロサンゼルス。遊園地の観覧車から逆さづりにされている3人の死体が発見される。3人は5年前の事件の裁判の被告だった。検事が溺死、弁護士は焼死した。殺されたのは12月21日。
 FBIの調査によれば、5年の間にライリーは世界各地に出現した。3か月前に米国に密入国した。2日前には銃砲店に押し入り軍用の銃などを盗んだ。引退した判事の家で爆発が起き判事が死んだ。
 ライリー・ノースは指名手配される。TVのニュースでも顔写真が公開される。

 家族を襲撃した3人組は麻薬密売組織ガルシア一味のメンバーだった。ライリーは組織の拠点を襲撃した。
 夜間、ライリーは組織のラボに侵入するが一味が待ち構えていた。ガルシアは手下から女を仕留めたという報告を受ける。手下の車がガルシアのアジトに戻ってくる。

 FBI捜査官のリサはホームレスの集まるスラムで情報を集めようとする。そこには守護天使がいて子供さえも安全に暮らしていた。リサは武器を積んだ車を発見する。リサは親しいLAPD刑事のスタンを呼ぶ。

 ガルシア一味がライリーが潜んでいるとの連絡を受けてスラムを襲った。
 TVにライリーの顔が映る。ライリーがスラム街にいるガルシア一味を撮影している映像をTV局がそのまま流している。ガルシアのそばには現職の刑事もいる。
 スラムにLAPDが押し寄せた。

 夫と娘の墓の前で重傷のライリーが発見され病院に運ばれた。
 ・・・・・


・ 監督: ピエール・モレル
・ 出演: ジェニファー・ガーナー   ... ライリー・ノース
         ジョン・オーティス、ジョン・ギャラガー・Jr、フアン・パブロ・ラバ、アニー・イロンゼ

■ライリー・ノース 復讐の女神 PEPPERMINT (2018/2019)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6409-18d081f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)