FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
北極の基地 潜航大作戦 (1968)
冷戦時代。ソ連の衛星が米ソ双方の機密情報を撮影したフィルムが北極の民間基地に投下され、米ソそれぞれが回収に向かい一触即発の事態となる。
 ジョン・スタージェス監督、アリステア・マクリーン原作の約50年前のシネラマ映画。DVDで観た。
 スーパーパナビジョンで撮影した超大作で冒頭にはオーバーチュア(序曲)が流れ、途中に休憩"INTERMISSION"も入り、最後にも音楽が流れ大作感満載。しかし氷に埋もれた屋外シーンが情けないほど貧弱で悲しい。

□ 北極圏にある英国の気象観測基地ゼブラから救難信号が入る。電波が弱く事故の内容は不明だが多数の死者が出ているらしい。嵐のため空からは近づけない
 スコットランドに駐留していた米原潜タイガーフィッシュのフェラデー艦長に救出命令が下る。正規の命令とは別に極秘命令で海兵隊と正体不明の乗客ジョーンズが乗り込んだ。途中でヘリコプターからさらにふたりが移乗する。ボリスはジョーンズの親友で仕事仲間。アンダース大尉は先に乗船していた海兵隊の指揮官。
 タイガーフィッシュは潜行して基地の近くに到着する。しかし氷が厚くて浮上できない。
 フェラデー艦長は魚雷で氷を割ることにする。魚雷を準備中の魚雷発射管から浸水しタイガーフィッシュは危機に陥ったもののなんとか沈没を免れた。この事故で1名が死亡した。
 ジョーンズは魚雷発射管に細工がされていたと指摘、フェラデー艦長はそれを確認した。ソ連側のスパイが艦内にいて妨害工作を行っている。ジョーンズ/ボリスは米側のスパイ。
 艦が薄氷の場所を見つけ浮上した。
 フェラデー艦長、ジョーンズ、ボリス、海兵隊、他が徒歩でゼブラを目指した。火災で焼け焦げた基地には死体が転がりわずかな生存者たちは意識が朦朧としている。ジョーンズ/ボリスはしきりに何かを捜しているが見つからない。
 ジョーンズは艦長に任務を打ち明けた。英国で開発された高性能カメラを搭載したソ連の衛星が北米とソ連のミサイル基地を撮影した。ソ連はフィルムを入れたカプセルを降下させゼブラ付近で回収しようとした。それを知った米国も工作員をゼブラに送った。工作員同士が撃ち合い、証拠隠滅のため放火した。どちらも死亡しカプセルは行方不明。
 嵐が止み、タイガーフィッシュがゼブラの近くに浮上した。ソ連のミグの編隊が接近している。
 ・・・・・
 カプセルを手に入れたソ連兵は気球に吊るして飛ばす。ソ連機が回収しに接近してくる。
 カプセルが爆発した。
 ・・・・・
 ニュースは米ソが協力してゼブラの生存者を救出したと報じた。


・ 監督: ジョン・スタージェス
・ 原作: アリステア・マクリーン
・ 音楽: ミシェル・ルグラン
・ 出演: ロック・ハドソン、アーネスト・ボーグナイン、パトリック・マクグーハン、ジム・ブラウン、トニー・ビル

◆北極の基地 潜航大作戦 ICE STATION ZEBRA (1968/1968)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6401-42a0c493
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)