FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
シシリアン (1969)
ジャン・ギャバン、アラン・ドロン、リノ・ヴァンチュラ共演の約50年前の犯罪映画。私が観たDVDの音声・タイトル・クレジットは英語だった。ギャングたちは厳重な警備の宝石展を襲うよりも、宝石を積んだ旅客機をハイジャックする方が簡単だと考える。問題は乗っ取った旅客機をどこに着陸させるか。

□ 宝石店強盗と警官射殺で逮捕されたロジェ・サルテは護送車から脱走した。
 サルテは脱走を手引きしたヴィットリオ・マナレーゼに希少切手で謝礼を支払った。シチリア生まれのマナレーゼは引退後のためにシチリアの土地を買いあさっている。サルテはコルシカ生まれのフランス人だがヴィットリオの息子のアルドと以前組んだことがありマナレーゼに脱走を頼んだ。サルテはアルドにかくまわれた。
 サルテは刑務所にいた時、同室の男と親しくなった。男は技術者でローマで開催されるフランス宝石展のセキュリティシステムを担当した。サルテは技術者が描いた警報装置のの配置図を持ち出していた。
 ヴィットリオは旧友のロカシオと宝石展を見に行った。セキュリティシステムは図面通りだったが未知の警報システムが追加されていて到底破れそうにない。
 フランス宝石展は次はニューヨークに移る。ヴィットリオは宝石をニューヨークに運ぶ飛行機を乗っ取ることを考える。

 サルテを追っているゴフ警部は偽造屋でまだ写真が貼られていない4冊の偽造パスポートを見つけた。
 偽造屋のメモからマナレーゼ商会の従業員が浮かび上がる。マナレーゼ商会を訪ねるとその従業員は数か月前にクビになっていた。

 フランス宝石展の宝石を積んだローマ発パリ経由ミューヨーク行の旅客機にサルテが搭乗していることがわかる。
 ゴフ警部はニューヨークに連絡、ニューヨークの空港に警察が待機した。
 マナレーゼは空港に着陸させるつもりはなかった。着陸した旅客機にロカシオ一味が乗り込み宝石は奪われた。

 マナレーゼ一家はフランスに戻る。ひとりニューヨークに残ったサルテはだまされていたことに気づいた。
 ロカシオはマナレーゼにサルテがオルリー空港に明日14時に着くと知らせた。
 マナレーゼ一味がヴィットリオの息子の嫁に手を出したサルテを空港で待ち構えていた。ゴフ警部と部下たちもサルテを待っていた。
 サルテはヴィットリオ・マナレーゼと対決した。


・ 監督: アンリ・ヴェルヌイユ
・ 原作: オーギュスト・ル・ブルトン
・ 音楽: エンニオ・モリコーネ
・ 出演: 
    ジャン・ギャバン     ... ヴィットリオ・マナレーゼ
    アラン・ドロン       ... ロジェ・サルテ
    リノ・ヴァンチュラ      ... ル・ゴフ警部
        イリナ・デミック、シドニー・チャップリン

◆シシリアン THE SICILLIAN CLAN (1969/1970、フランス/イタリア)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6400-c965448d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)