FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ゴーストランドの惨劇 (2018) ★
母ひとり娘ふたりの一家が襲われる。成長した娘は再び惨劇のあった家に戻る。その家では依然惨劇が続いている。ホラー。DVDで観た。
 犯行に使われているトラックは「キャンディ・トラック」と呼ばれていて側面にはキャラメル・コーン、ドーナッツ、キャンディ・アップルと書かれている。子供向け菓子の移動販売車に見せかけているらしい。


□ 叔母の家を相続したポーリーンはふたりの10代の娘、ベスとヴェラを連れて叔母のラヴクラフトみたいな屋敷に夜に着く。叔母はかわった趣向の持ち主で邸内には奇妙な絵画や怖い人形が飛び出してくるからくり時計などが置かれていた。ベスはホラー小説を書くのが趣味でラヴクラフトを尊敬しパソコンではなくタイプライターを使っている。
 キャンディトラックの大男と女が屋敷に侵入し、大男がポーリーンを殴り倒した。大男は姉妹を地下室に引きずっていった。大男は姉妹の匂いを嗅ぎヴェラを引きずっていった。ベスは階段を昇り外に逃げようとするがドアが開かない。女は「彼は人形と遊びたいだけ」と言った。ポーリーンが女と戦い女をめった刺しにした。ポーリーンはベスに「全力で逃げなさい」と言った。ヴェラの悲鳴が聞こえポーリーンは地下に駆け下りていった。ポーリーンは大男を何度も刺した。

 結婚しシカゴに住むベスはホラー作家エリザベス・ケラーとして成功した。今もラヴクラフトを尊敬しパソコンではなくタイプライターを使って執筆している。
 最新作「ゴーストランドの惨劇」は発売2週間でベストセラーのトップ。ベスはTVにも出演した。
 ヴェラから戻ってきてと電話で必死に頼まれた。ベスは幼い息子を夫にまかせてあの家に戻る。
 ひさしぶりに会うママ(ポーリーン)は昔と変わらずきれいだった。
 ヴェラは部屋にこもりいまだにあの惨劇から抜け出せずに苦しんでいる。

 ベスはヴェラがベッドに手錠につながれているのを見つけた。ヴェラは人形のように顔を白く塗られ唇を赤くされていた。
 ヴェラは依然あの夜にいた。あの夜、ポーリーンはトラックの女に殺された。
 ベスは人形のように化粧されドレスを着せられ人形部屋に置かれた。大男が人形遊びをしていた。
 ベスはヴェラを連れて家から逃げ出した。
 昼間、州警察のパトカーがふたりを見つけた。ふたりの警官はキャンディトラックの女に射殺された。
 ベスとヴェラはキャンディ・トラックであの家に連れ戻された。
 ベスの出版パーティにはママもいた。ラヴクラフト氏はベスの小説を芸術品だとほめた。
 ベスは大男に首を絞められた。からくり時計の人形が騒ぎ出し大男は人形の首を絞めた。ベスはヴェラを襲っていた女と戦った、ベスに向かってきた大男を警官が背後から撃った。向かってきた女を警官が撃った。
 病院に運ばれるベスたちをポーリーンが窓から見送っていた。


・ 監督: パスカル・ロジェ
・ 出演: クリスタル・リード、アナスタシア・フィリップス、エミリア・ジョーンズ、テイラー・ヒックソン、ミレーヌ・ファルメール

> ハワード・フィリップス・ラヴクラフト (1890-1937);20世紀初めの怪奇小説・幻想小説作家。パルプ雑誌に寄稿していたが生前は無名だった。死後に友人が単行本として出版し広く知られるようになった。

■ゴーストランドの惨劇 INCIDENT IN A GHOSTLAND (2018/2019、フランス / カナダ、英語/フランス語)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6395-3cfd4db8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)