FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
1917 命をかけた伝令 (2019) ★★
 第一次世界大戦中。ふたりの兵士が戦場を駆け抜ける伝令を命じられる。
 映画開始から途中の暗転部までと暗転以降映画終了まで、ずっと一台のカメラで写し続けている(かのように見える)。
 100年前が舞台なので飛んでいる軍用機は複葉機。当時の英軍戦車「マーク2」が戦場に放棄されている。

 オスカーの撮影賞を受賞した他、作品賞・監督賞・脚本賞・作曲賞・メイク・ヘアスタイリング賞・美術賞・音響編集賞・音響賞(調整)・視覚効果賞にノミネートされた。


□ 第一次世界大戦中の西部戦線。1917年4月6日
 英軍のブレイク上等兵は友達のスコフィールド上等兵と共にエリンモア将軍から直々に前線のマッケンジー大佐宛の伝令を命じられる。ドイツ軍が退却したためマッケンジー大佐は明朝総攻撃をかけて一気にドイツ軍を殲滅しようとしている。しかし航空写真を分析した結果退却はドイツ軍の作戦でドイツ軍は英軍の総攻撃を待ち構えていることがわかる。しかしマッケンジー大佐はこのことを知らない。総攻撃が行われれば二大隊1600人の英国兵が全滅する。その中にはブレイクの兄も含まれている。ブレイクたちの任務はエリンモア将軍の攻撃中止命令を明朝の攻撃開始より前にマッケンジー大佐に伝えるというもの。
 平時ならば十分に間に合う距離だが、戦争中の今は英軍とドイツ軍が戦っている中を駆け抜けなければならない。
 ・・・・・


・ 監督: サム・メンデス
・ 脚本: サム・メンデス、クリスティ・ウィルソン=ケアンズ
・ 撮影: ロジャー・ディーキンス
・ プロダクションデザイン: デニス・ガスナー
・ 編集: リー・スミス
・ 音楽: トーマス・ニューマン
・ 出演:
    ジョージ・マッケイ             ... スコフィールド上等兵
    ディーン=チャールズ・チャップマン   ... ブレイク上等兵
        マーク・ストロング、アンドリュー・スコット、リチャード・マッデン、クレア・デュバーク、
        コリン・ファース、ベネディクト・カンバーバッチ

■1917 命をかけた伝令 "1917" (2019/2020、英国) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6387-f6c724ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)