FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
フォードvsフェラーリ (2019) ★
1966年、ル・マン24時間レースでフォードが連勝を続けるフェラーリを打ち負かしという実話を題材にした映画。
作品賞などオスカー4部門にノミネートされた。
 ル・マン24時間レースはフランスのル・マンで開催される自動車レース。24時間ぶっ通しでサーキットをまわり続けもっとも多く周回したものが優勝する。速度と共に耐久性も要求される。


□ 1965年。米国最大の自動車会社フォードは経営不振にあった。イタリアのフェラーリはル・マン24時間レースに連勝していたが破産状態にあった。フォードの重役ビーブはイメージアップのためにフェラーリの買収を提案する。しかしフェラーリはフォードの買収を拒否しフィアットに買収された。
 ヘンリー・フォード2世はビーブにフォード車でル・マンでフェラーリを打ち負かせと命じた。
 ビーブは米国人ドライバーとして唯一ル・マンで勝利したキャロル・シェルビーに声をかける。シェルビーは心臓病のためレーサーを諦めて自動車会社を経営していたが業績は不振だった。
 シェルビーは腕のいいレーサーで優秀なエンジニアでもあるケン・マイルズに声をかける。
 ル・マンまで3カ月。マイルズとシェルビーのスタッフたちはフォードのレースカーGT40の改良に取り組む。
 ビーブは扱いづらいマイルズをル・マンに連れていかないことにする。GT40は善戦したもののフェラーリに勝てなかった。

 1年後、ビーブはまたしてもマイルズをル・マンに連れていかないことにする。シェルビーはフォード2世に直訴してデイトナ24時間レースでマイルズが勝ったらル・マンに連れていくことを認めさせる。
 デイトナでフォードはシェルビー/マイルズのチームとフォードの2チームを出場させ、シェルビー/マイルズが勝った。
 1966年ル・マン24。マイルズの車はいきない右ドアが閉まらないというトラブルに見舞われる。
 ・・・・・・
 フォードは、1、2、3位を独占した。
 ・・・・・・


・ 監督: ジェームズ・マンゴールド
・ 出演: 
    マット・デイモン     ... キャロル・シェルビー
    クリスチャン・ベイル  ... ケン・マイルズ
         ジョン・バーンサル、カトリーナ・バルフ、トレイシー・レッツ、ジョシュ・ルーカス、ノア・ジュープ

【関連映画】 「栄光のル・マン (1971)」

■フォードvsフェラーリ FORD V FERRARI (2019/2020)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6354-2f8a62ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)