FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
復讐のドレスコード (2015) ★
パリでドレスメーカー(原題)の修行を積んだティリーは25年前に追い出された生まれ故郷のオーストラリアの田舎町に帰る。町の人たちは当時10歳のティリーがスチュワートを殺したと思っている。DVDで観た。
> 他の邦題「リベンジャー 復讐のドレス」


□ 1951年 オーストラリア ダンガター
 ティリーと名前を変えたマートル・ダネージがシンガー・ミシンを持って町に帰ってきた。

 25年前、子供だったマートル(ティリー)はやはり子供のスチュワートを殺したとしてファレット巡査部長に町を追い出された。ティリーは当時スチュワートがティリーをいじめていてもハリディーン先生が知らんふりしたことなどは覚えていたが、自分が彼を殺したかどうかの記憶がなかった。丘の上の家にひとりで暮らしていた母親モリーも何も覚えていなかった。ティリーが帰ってきたことはたちまち町中に知れわたる。

 ダンガター対ウィンヤープとのラグビー試合で観戦していたティリーの赤いドレスはダンガターの選手たちの気を散らせた。陣地が交代し、ウィンヤープの選手たちは黒のドレスのティリーに気を散らされダンガターのテディがゴールを決めて勝利した。
 ガートルードがティリーにドレスを頼みに来る。ティリーは代金の代わりに”あの日”の事を話させた。あの日、ガートルードは自分がいじめられないためにスチュワートにティリーが隠れている場所を教えた。
 ファレット巡査部長はスチュワートの父親エヴアン・ペティーマンに脅されてティリーを町から連れ出し寄宿舎に入れたとティリーに話した。

 土曜日の夜のパーティで美しいドレスをまとったガートルードは注目の的となった。今までガートルードに見向きもしなかったウィリアムがガートルードに夢中になった。
 町の婦人たちが次々にティリーにドレスを頼みに来る。町はティリーのドレスを着た夫人たちであふれた。

 エヴァン・ペティーマンがドレスメーカーのウーナ・プレゼンスを呼び寄せてティリーに対抗する。ガートルードの母親は花嫁衣裳をウーナに頼む。しかしガートルードはティリーを選んだ。エヴアンの妻マリーゴールドでさえティリーにドレスを頼んだ。
 当時、ハリディーン先生はティリーがスチュワートを殺すのを見たと証言した。しかし実際には首を捻じ曲げて倒れているスチュワートとそばに立っているティリーを見ただけだった。

 テディは当時のことを覚えていた。その頃スチュワートは闘牛の真似をしてティリーの身体に頭突きをしてうれしがっていた。。
 あの日、スチュワートとティリーが二人きりの時、スチュワートはティリーに壁の前に立たせて目をつぶらせ、闘牛のように頭から突進した。ティリーは避けた。
 テディの頭の弱い弟バーニーがサイロの上からすべてを見ていた。バーニーは施設送りが怖くて誰にも言えなかった。
 ティリーはテディと XXX した。テディは子供の頃の肝試しのようにサイロの中に飛び込んだ。テディはモロコシに埋もれて窒息死した。

 モリーは20歳の頃エヴァンと付き合っていた。テディの父親はエヴァン。エヴァンはモリーを捨て莫大な遺産を相続したマリーゴールドを口説いて結婚した。
 町の婦人たちが夏の芸術祭の舞台劇マクベスの衣装を頼みに来る。『優勝できればマートル(ティリー)を許すかも』と言った。
 発作を起こしモリーが死ぬ。
 ティリーはマリーゴールドに自分はエヴァンの娘だと話した。

 夏の芸術祭に出かけたダンガターの婦人たちは、対戦相手のウィンヤープの婦人たちの舞台衣装の美しさに圧倒された。衣装担当はティリーだった。国王役のエヴァンは姿を見せなかった。
 ティリーは丘の上の家に火を放ち、ダンガターを発った。
 ・・・・・


・ 監督: ジョスリン・ムーアハウス
・ 原作: ロザリー・ハム
・ 出演: 
    ケイト・ウィンスレット     ... ティリー(マートル)・ダネージ
    ジュディ・デイヴィス      ... モリー・ダネージ
    リアム・ヘムズワース     ... テディ
    ヒューゴ・ウィーヴィング   ... ファレット巡査部長

【映画】 「サンセット大通り (1950)」...映画館で観る
【日本】 夏の芸術祭でのウィンヤープの舞台劇は「ミカド」
 
> ティリーがガートルードに渡した名刺にはフランス語で"COUTURIER"(英語ではドレスメーカー)と印刷されている。

■復讐のドレスコード THE DRESSMAKER (2015/---、オーストラリア)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6351-b11a142b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)