FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲 (2019) ★
月の裏側で軍備を進めていたナチスが地球を攻撃してきたSFコメディ「アイアン・スカイ (2012)」の続編。
人類を滅亡に導いたサッチャーやザッカーバーグは実は地球外生物だった。DVDで観た。

次作は “The Ark: An Iron Sky Story” アンディ・ガルシアが出演している。


□ 2018年、月面ナチスによる地球攻撃は全面核戦争を引き起こし地球は滅亡した。
 生き残ったわずかな人類は宇宙船エミリアで地球を脱出し月の裏側のかっての月面ナチス基地で元月面ナチスと共存することになった。
 2047年、人口過多に供給不足、医療は貧弱、技術者不足、地震多発など月面基地の終わりが近づいている。リーダーのレナーデは年老いて死にかけている。正体不明の円盤機が飛来した。乗っていたのはサーシャたちロシアからの難民だった。
 レナーデの娘オビはエミリアを修理していて内部で月面総統が生きているのを発見する。
 月面総統に渡された薬ヴリル・ヤーを母親に与えると母親はみるみる若返った。
 総統の姿をしていたのはヴリル族。彼らの宇宙船は恐竜時代の地球に不時着した。地球内部の空洞の中央の寺院には多量のヴリル・ヤーが入った聖杯がありオビの母親を救うことができる。
 オビはサーシャの円盤で地球に行く。オビと仲の良いマルコムや、かって地球に降臨したスティーヴ・ジョヴスを崇拝するジョヴス教教祖ドナルドと信者たちも同行する。
 地球内部の空洞には小さな太陽が輝き美しい自然が広がっていた。
 その中心にある都市アガルタにはなんとスティーヴ・ジョヴスがいた。ジョヴス教信者たちは足元にひれ伏した。ひきたてられたドナルド達の前にヒトラーが現れた。
 聖杯を手に入れたオビたちは円盤で月面基地に戻った。
 崩壊する月面基地の人々を乗せたエミリアはヴリル・ヤーを燃料にして飛び立った。
 ヴリル族の巨大宇宙船が追ってきて、武器のないエミリアを攻撃してくる。
 ・・・・・・・・・・


・ 監督: ティモ・ヴオレンソラ
・ 出演: ララ・ロッシ、ウラジミール・ブルラコフ、キット・デイル、ユリア・ディーツェ、ステファニー・ポール、トム・グリーン、ウド・キア

□アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲 IRON SKY: THE COMING RACE (2019/2019、フィンランド/ドイツ)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6343-9f8df72a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)