FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け (2019) ★★
1977年にエピソードⅣが公開されてから42年目、スカイウォーカーシリーズとしては9作目。
 メインシリーズとしては10年ぶりに再開したエピソードⅦ(2015)は22回観たが、Ⅷは5回。本作Ⅸはもしかすると3回くらい観るかもしれない。
 エピソードⅤ(1980)でダースベイダーがルークの父親だという衝撃の事実が明かされたとき、私は「なんかテキトー」と感じた。本作にもそれを感じた。

 初期のエピソードⅣ~Ⅵを知っているファンでないとわからないのではないかと感じたシーンがいくつもあった。
 パルパティーンはエピソードⅠ~Ⅲでは共和国議員/議長、エピソードⅣ~Ⅵでは帝国皇帝。
 パサーナに現れるランド・カルリジアンはⅤⅥに登場した人物で同じビリー・ディー・ウィリアムズが演じている。若い頃のカルリジアンは「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー(2018)」にも登場した。本作でカルリジアンが言う台詞「いやな予感がする"(I have) a bad feeling about this."」はスターウォーズに必ず出てくるお約束の言葉。
 エンドア星域で破壊されたデススターが出てくるが「エピソードⅥジェダイの帰還/復讐 (1983)」で反乱軍に破壊された。最後の場面で喜んでいるぬいぐるみのような生物はエンドアの住民イウォーク。
 最後にレイが訪れるのは「エピソードⅣ 新たなる希望 (1977)」でルークが育った家。
 ミレニアム・ファルコンのアンテナはエピソードⅣⅤⅥでは円形、ⅦⅧでは四角だった。本作では円形に戻っている。
 X-Wingは、エピソードⅣⅤⅥでの反乱軍の主力戦闘機。ルークの搭乗機はレッド5。過去にミレニアム・ファルコンを出したデアゴスティーニが最近X-Wingレッド5を宣伝している理由がわかった。


□ とっくの昔に死んだはずのパルパティーンが巨大艦隊ファイナルオーダーを準備しているという情報がもたらされる。ファーストオーダーの最高指導者になったカイロ・レンはパルパティーンに従う。パルパティーンはカイロ・レンに最後のジェダイ、レイを殺せと命じた。ファーストオーダー内の正体不明のスパイから16時間後にはファイナルオーダーの攻撃が始まると連絡がある。
 ファイナルオーダーの基地はエクセゴルとわかるが、未知の領域でどこにあるかわからない。シスのウェイファウンダーがエクセゴルの手掛かりとなる。かってマスター・ルークもエクセゴルを捜したが見つからず断念した。レイたちはルークが行き詰った星パサーナに行く。パサーナでは42年に一度の大祭が開かれていた。レイは幼い子供から名前を尋ねられるがレイは自分の苗字を知らない。パサーナにはレイアから頼まれてランド・カルリジアンがいた。ルークとカルリジアンが最後に捜索した船は今でも放置されていた。レイはその船に見覚えがあった。船内でウェイファウンダーの場所を示すナイフが見つかる。チューイがナイフを持ったままファーストオーダーに連れ去られた。
 C3-POはナイフに刻まれた文字を解読し記憶していたがC3POのプログラム上の制限で公表は禁じられていた。C3-POから違法にアクセス禁止メモリーを取り出せる人物に会うためキジーミに行く。ウェイファウンダーはエンドア星系にあった。
 キジーミにカイロ・レンの旗艦が現れる。その船にはチューイが囚われている。レイたちはチューイとナイフを取り返した。
 ウェイファウンダーがあるのはエンドアの戦いで破壊され墜落したデススターの残骸の中だった。
 残骸の中でレイはウェイファウンダーを見つけるがカイロ・レンに破壊されてしまう。レイはカイロ・レンと対決して倒す。レイはカイロ・レンの船で飛び去った。
 レイア・オーガナ将軍が亡くなり、ボー・ダメロンが引き継ぐ。
 レイはかってルークが隠遁していた星にいた。レイが投げ捨てたライトセーバーをルークがつかんだ。カイロ・レンの船にはウェイファウンダーがあった。
 レジスタンスの基地が、昔使われていたルークのX-Wingレッド5の動きを検知する。ボー・ダメロンはレイが自分たちをエクセゴルに導いているのだと悟った。
 ポー・ダメロンはファイナルオーダーへの総攻撃を決める。戦力は圧倒的に不利。しかしきっと味方が集まってくれるはず。
 ・・・・・


・ 監督: J・J・エイブラムス
・ 出演: 
    デイジー・リドリー       ... レイ
    アダム・ドライヴァー     ... カイロ・レン
    ジョン・ボイエガ        ... フィン
    オスカー・アイザック     ... ポー・ダメロン
    ケリー・ラッセル        ... ゾーリ
    マーク・ハミル         ... ルーク・スカイウォーカー
    キャリー・フィッシャー     ... レイア・オーガナ
    ビリー・ディー・ウィリアムズ ... ランド・カルリジアン
    ハリソン・フォード       ... ハン・ソロ

■スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け STAR WARS: EPISODE Ⅸ THE RISE OF SKYWALKER (2019/2019) (字幕)


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6332-6e171bc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)