FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ホテル・アルテミス 犯罪者専門闇病院 (2018) ★
近未来のロサンゼルスで起きた暴動騒ぎに乗じて銀行強盗をした男たち。しかしふたりが負傷し、表向きホテルで実は犯罪者専用の闇病院に逃げ込む。院内には命を狙われるギャングのボスや暗殺者がいる。過激な暴動が病院に迫る。
DVDで観た。


□ 2028年6月21日。ロサンゼルスで水を求めて最大規模の暴動が発生する。プロシールド民間警察が鎮圧にあたる。
混乱に乗じてシャーマン一味が銀行に押し入った。逃亡中、鎮圧隊と撃ち合いになり弟のレフが重傷を負いホテル・アルテミスに逃げ込む。ホテル・アルテミスは犯罪者専用の闇病院。“ナース”が運営し、「非会員は利用不可」「武器の持ち込み禁止」「他の患者を殺さない」などの規則がある。助手として大男の“エベレスト”がいる。自動手術や3Dプリンターによる移植臓器の製造などの科学技術を使っている。
 患者にはコード名で呼ばれる。シャーマンはワイキキ、レフはホノルル。
 入院中の患者は不愉快な武器商人のアカプルコと、シャーマンの知人のニースは超一流の殺し屋。
 停電がおきるが自家発電機で電力が確保される。

 大勢の手下に守られてウルフキングが到着する。ウルフキングだけが病院内に入ることを許された。ニースはウルフキングを殺すためにわざと負傷してこの病院に来ていた。
 かって息子が急死したナースは酒に溺れ医師免許をはく奪された。ウルフキングがナースを拾い上げ闇病院を開設させた。それ以来ナースは22年間、この病院を運営している。
 ナースはウルフキングの治療を始める。治療中、ナースはウルフキングが息子のボーを殺させたことを知る。ナースはウルフキングを殺そうとする。
 ニースが発電機に仕掛けた爆弾が爆発して停電となる。生命維持装置が止まりレフが危険な状態となり、ナースがかけつけ必死に蘇生させようとするがレフは死んだ。
 その間にニースがウルフキングを殺した。
 ウルフキングの息子や手下たちが押し入ってきた。
 ・・・・・



・ 監督: ドリュー・ピアース
・ 出演: ジョディ・フォスター、スターリング・K・ブラウン、ソフィア・ブテラ、ジェフ・ゴールドブラム、
       ブライアン・タイリー・ヘンリー、ジェニー・スレイト、ザカリー・クイント、チャーリー・デイ、デイヴ・バウティスタ
> ジタン:フランスのたばこ

■ホテル・アルテミス 犯罪者専門闇病院 HOTEL ARTEMIS (2018/---、英国/米国)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6328-82f0205d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)