FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ルパン三世 THE FIRST (2019) ★★
モンキー・パンチ原作漫画のCGアニメ映画版。
映画が始まる前に FIAT500(チンクエチェント)のコマーシャルが流れた。


□ 第二次世界大戦の十数年後、戦争中に死去した考古学者ブレッソン博士の回顧展がパリで開催される。
 展示の目玉はブレッソンの日記「ブレッソン・ダイアリー」。莫大な財宝の在処が記載されているとうわさされているが、複雑な仕掛けの頑丈なケースに収められていてケースを開けられた者はいない。
 会場にルパン三世からブレッソン・ダイアリーをいただくという予告状が届き、銭形警部率いるインターポールが警戒する。
 とりあえずダイアリーは金庫に戻されることになるが女性警備員に化けていた少女レティシアが盗んだところをルパンが盗み、さらに峰不二子が盗んでしまった。ルパン三世は銭形警部にとらえられるが次元大介と石川五右衛門に救出される。
 レティシアは孤児院にいたところを祖父のランベール博士に引き取られ育てられた。考古学を学びたいレティシアは、ダイアリーを盗めばボストン大学に入学させるとランベール博士に言われてダイアリーを盗もうとした。峰不二子が雇われたのもランベール博士と謎の男ゲラルトで、ランベール博士はダイアリーを手に入れる。ランベール博士は持っているキーでケースを開けようとするが、もうひとつキーが必要なことがわかる。
 もうひとつのキーを持っているのはルパン三世だった。ルパンは二つのキーを使ってケースを開けて日記を取り出す。この時、レティシア本人も知らなかったレティシアの秘密が明らかになる。
 日記は古代の言葉で書かれていたがレティシアが読むことができメキシコ ティオワカン遺跡にエクリプスがあることがわかる。
 エクリプスというのは財宝ではなくとてつもない技術で、間違って使えば人類を破滅させる可能性がある。
 ゲラルトとランベール博士はナチスの残党で、エクリプスを使ってナチスを再興させようと考える。
 自分がだまされていたと知ったレティシアはルパンたちに協力することにし、銭形警部も一時的に味方となる。
 ・・・・・


・ 監督: 山崎貴
・ 原作: モンキー・パンチ
・ 声の出演
    ルパン三世    ... 栗田貫一
    次元大介     ... 小林清志
    石川五右衛門  ... 浪川大輔
    峰不二子      ... 沢城みゆき
    銭形警部      ... 山寺宏一
    レティシア      ... 広瀬すず
    ランベール      ... 吉田鋼太郎
    ゲラルト       ... 藤原竜也

【関連映画】 
・ 「ルパン三世 カリオストロの城 (1979)」 宮崎駿監督。アニメ版
・ 「ルパン三世 (2014)」  実写映画版

■ルパン三世 THE FIRST (2019、日本、アニメ) 


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6321-ad119aca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)