FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
クリスマス・ツリー (1969)
一代で大金持ちになったビジネスマンが妻を亡くす。恋人もできて再婚しようとしている矢先、10歳の息子が不幸な事故で余命半年と宣告される。父親は息子に思いっきり幸せな半年をすごしてもらおうとする。DVDで観た。


□ 裕福なビジネスマンのローラン・セギュールにはカトリーヌという恋人がいて結婚するつもりだ。ローランは10歳の息子パスカルとの夏休みをコルシカで過ごす。ふたりがボートに乗っているとき軍用機が爆発して海に墜落したのが見えた。気になったローランは電話で事情通の友人に墜落について尋ねた。友人は答えずすぐにパリに戻れと言った。パロマレスと同じかと尋ねると答えなかったが否定もしなかった。
 パリに戻り、パスカルを病院で検査するが異常は発見されなかった。

 1か月後、ローランはパスカルがよく青あざを作ることに気づいた。
 検査の結果白血病とわかる。治癒の見込みはなく、余命は3~6ヶ月。ローランは海に潜っていたため影響を受けなかった。
 ローランはパスカルに最高の半年をすごさせようと決心した。

 ローランはパスカルと別荘に行く。パスカルには自分が病気なので田舎で休養するのだと話した。パスカルを昔から知っている友人のベルダンもやってくる。パスカルはやたら元気だけど寒がりになった。

 買ってもらった(本物の)青いトラクターで遊んだり、ベルダンとザリガニ採りをしたり、パスカルにとっては夢のような日々だ。

 甘やかしすぎたというパスカルに、ローランは病気のことを打ち明けた。それをパスカルが聞いていた、
 実はパスカルは病院にいた時に自分の病気について看護師が話しているのを聞いてしまっていた。
 感情的になるローランとベルダンに、パスカルは楽しくやろうよと言った。

 パスカルが「狼」が欲しいと言い出した。ローランもベルダンも必死になって買えるところを探したがどうしても見つからない。
 ローラン、ベルダン、カトリーヌは協力して動物園から二頭の狼を盗んだ。
 パスカルと狼たちは心を通わせるようになる。

 クリスマス・イブ
 森から切ってきた木でクリスマスツリーが飾られた。ローランとカトリーヌは買い物に出かけた。パスカルは、ベルダンに贈られた狼使いの衣装に着替えた。暗くなってローランとカトリーヌが戻ってくると狼たち声が聞こえた。
 ローランが走って屋敷に入るとクリスマスツリーの下でパスカルが死んでいて、狼たちが寄り添っていた。
 狼たちは悲しげに吠え続けた。



・ 監督: テレンス・ヤング
・ 原作: ミシェール・バタイユ
・ 出演: 
ウィリアム・ホールデン   ... ローラン・セギュール
ブールヴィル         ... ベルダン
ヴィルナ・リージ       ... カトリーヌ
ブルック・フラー       ... パスカル

> 「禁じられた遊び」の曲が使われている。
> パロマレス:1966年1月、スペイン南部上空で米軍機同士が衝突しパロマレスに水素爆弾4個が落下。重大な土壌汚染を引き起こした。
> トラクター FORD 3000

◆クリスマス・ツリー L'arbre de Noël (1969/1969、フランス/イタリア、フランス語/英語)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6320-e14025cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)