FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ガメラ2 レギオン襲来 (1996、日本)
平成ガメラシリーズ第二弾。DVDで観た。
ビール工場警備員の大迫は前作では長崎県警の刑事だった。怪獣を避けて北海道に来てまたもや怪獣と出会ってしまう。


□ 札幌近郊恵庭岳に隕石らしきものが落下した。隕石調査に向かっていた青少年科学館学芸員の穂波碧は、出会った自衛隊渡良瀬二等陸佐から落下物が見つからないと聞き、動いたのかもと言った。渡良瀬も否定しきれなかった。
 NTT北海道のネットワークで次々に異常が発生する。異常は支笏湖から札幌に向かっている。
 異常経路上のビール工場の倉庫で中身のビールが捨てられ大量の瓶が無くなった。警備員の大迫は人ほどの大きさの虫がいたと証言した。

 札幌の地下鉄が襲われ大勢の死傷者が出た。すすきの駅近くのビルには巨大な赤い花が出現した。構内に入った自衛隊員たちはたくさんの大きな虫(レギオン)を見た。また高圧高濃度の酸素が観測される。
 赤い花(草体)が開き種子を放出しようとしている。札幌に降り立ったガメラは草体の酸素を吸い込みプラズマ化して草体にぶつけて燃やして破壊した。

 地中から現れた無数の虫たち(レギオン)がガメラを覆いガメラが傷つく。レギオンたちは変圧器に集まり地下から巨大なレギオンが出現し飛び去った。

 仙台のパチンコ屋にレギオンが出現する。仙台駅周辺に複数の草体が出現した。
 仙台から避難する人たちが自衛隊のヘリコプターに乗り込んでいると巨大レギオンが出現する。ガメラが現れ最後の一機が飛び立つまでレギオンから守った。機内で穂波碧はガメラと心を通わせることのできる草薙浅黄と出会う。
 ガメラはさらに草体に向かうが、草体が爆発し仙台は消滅した。

 東京防衛のため自衛隊に出動命令が出される。東京より北北西100キロで巨大レギオンが発見される。
 巨大レギオンに対して自衛隊の攻撃が始まった。しかしレギオンの進行を止められない。

 穂波碧と草薙浅黄は仙台駅跡地にいた。ガメラの遺体の近くにたくさんの子供たちが集まっている。
 草薙浅黄は勾玉を握りしめた。勾玉が割れガメラが復活する。子供たちの歓声の中、ガメラは飛び立った。

 足利市でガメラと巨大レギオンの戦いが始まった。
 ガメラが人間の味方ということを理解した師団長は、ガメラを援護してレギオンを攻撃するように命じる。
 ガメラは巨大レギオンにフルパワーを浴びせ、消し去った。
 ガメラは飛び立っていった。

 穂波碧は言う。「ガメラが救ったのは人間ではなく、地球の生態系。ガメラの敵にはなりたくないよね。」




・ 監督: 金子修介
・ 特撮監督: 樋口真嗣
・ 出演: 
    永島敏行     ... 渡良瀬、自衛隊
    水野美紀     ... 穂波碧、札幌市青少年科学館の学芸員
    石橋保      ... 花谷、自衛隊
    吹越満      ... 帯津、NTTエンジニア
    藤谷文子     ... 草薙浅黄
    川津祐介     ... 野尻、青少年科学館所長
    螢 雪次朗     ... ビール工場の警備員大迫
    前田亜季     ... 仙台爆発跡地の少女。ガメラのそばで「ガメラ、起きる?」

◆ガメラ2 レギオン襲来 (1996、日本)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6302-e9a6463f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)