FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
パージ:エクスペリメント (2018) ★
1年に1晩(12時間)だけ、殺人を含むどんな犯罪を犯してもお咎めなしという「パージ」制度。これによって人々は日ごろたまった不満や鬱憤を発散し残りの日々を穏やかに過ごすことができる。米国政府はこの制度により2022年には失業率1%、犯罪発生率は常に低く、暴力事件はめったにないという社会を実現できたと自慢している。「パージ (2013)」「パージ:アナーキー(2014)」「パージ:大統領令(2016)」に続く4作目。“パージ法”が施行されるきっかけとなった「最初のパージ(原題)」。DVDで観た。


□ 経済破綻した米国で共和党・民主党に代わる新政党NFFA"New Founding Fathers of America"が、全米ライフル協会の後押しで政権を奪った。NFFAは一晩すべての犯罪が公認される通称“パージ”の実験をニューヨーク スタテン島で行うと発表した。
 実験を考えた行動科学者アプデール博士はたまった不満や鬱憤を発散することが暴力抑制につながると考え、サビアンNFFA主席補佐官が協力した。
 麻薬元締めのDはスタテン島内の自宅に立てこもり武装した手下たちに守らせる。
 パージに反対しているナイアはDの元カノ。Dが更生することを望んでいる。ナイアの弟のイザヤはDの売人をしていてスケルターに首を傷つけられた。
 ナイアは避難所の教会にみんなを誘導した。イザヤは姉にブルックリンにいると電話したが、実はスタテン島にいてパージに参加してスケルターを殺すつもり。

 大統領が実験開始を宣言した。
 スケルターが最初の殺人をした。
 しかし犯罪行為は略奪行為がほとんどでサビアンやアプデールが期待した殺人は限定的でTVは“平穏”と表現している。
 ふたりの女と過ごしていたDは女たちに襲われる。彼らは手下のキャピタルAに金で雇われていた。
 イザヤはスケルターを殺そうとするが失敗して逆に追われる。救出に来たナイアと教会に戻ると教会が襲われ避難していた人たちが殺されていた。

 複数のグループが出現し殺人が増加する。
 アプデール博士は彼らが住民ではなく外部から組織的に送り込まれて低所得者たちをターゲットにしていることに気づいた。裏にはNFFAがいる。
 彼らはNFFAに雇われた民間軍事会社の傭兵たち。DはNFFAから住民たちを守るため武装した手下たちを率いて立ち向かう。
 ナイアたちは自宅に戻って隠れる。しかしナイアが住むパークヒル・タワーは低所得者層向け集合住宅でNFFAの標的となっている。
 救援に駆けつけたDたちはドローンに攻撃されDだけが残った。NFFA部隊がタワーを包囲してしらみつぶしに住民を捜索し始めた。
 ・・・・・
 サビアンNFFA主席補佐官は実験は成功、早ければ来年から全米規模でパージを実施すると発表した。



・ 監督:ジェラード・マクマリー  
・ 出演:イラン・ノエル、レックス・スコット・デイヴィス、ジョイヴァン・ウェイド、スティーヴ・ハリス、モー・マクレー、マリサ・トメイ

■パージ:エクスペリメント THE FIRST PURGE (2018/2019)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6298-bd2fdcc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)