FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
アースクエイクバード (2019) ★
リリーのすべて (2015)」「エクス・マキナ(2015)」「トゥームレイダー ファースト・ミッション (2017)」等のアリシア・ヴィキャンデル主演の日本を舞台にしたミステリー。あのアリシア・ヴィキャンデルが普通に北品川あたりを歩いているのはちょっと感動。

主人公のルーシーは子供の頃のトラウマなのかあまり社交的ではなく死が自分についてまわっていると思っている。時々死んだ人を見るし、そこにいない人と話していることに気がつくこともある。たまたま出会った日本人男性にいきなり写真を撮られるがなぜか腹が立たずに惹かれる。


□ スウェーデン生まれのルーシーは日本に来て5年余り。日常会話に困らない程度に日本語が話せて翻訳会社で働いている。消息を絶った友人のリリーと思われる水死体が東京湾で見つかりルーシーは警察で事情を聞かれた。

 ルーシーは歩道の水たまりを撮っている日本人男性と出会う。男性はかってにルーシーの写真を撮り始めた。テイジはそば屋で働いている。ルーシーとテイジは付き合うようになる。
 ルーシーが親しくしている山本夫人がルーシーの目の前で階段からころげ落ちて亡くなった。ルーシーは死んだ人を見たり、幻想を見たりすることがある。
 ルーシーはテイジの住居に行く。テイジは撮影したモノクロフィルムを自分で現像焼き付けしロッカーに鍵をかけてしまっていた。テイジの自宅にいるときに地震が起きる。地震が収まった後鳥の鳴き声が聞こえた。テイジはアースクエイクバード(地震鳥)と呼んでいた。
 友人のボブから日本に来たばかりの米国人のリリーの世話をするようにむりやり頼まれる。ルーシーはリリーの借家探しも手伝った。リリーはテイジにも会いたがった。みんなで新宿のダンスホールに行った時、ルーシーはテイジがリリーとやたら親しくしているのが気にいらなかった。
 留守中のテイジの自宅に侵入したルーシーはロッカーを開け、サチという女性のフォルダーを見つけた。サチはテイジの最初の女性だった。
 テイジ、ルーシー、リリーの3人は佐渡島に行く。東京に戻り東京駅でテイジと別れ、地下鉄を待っているとき、ルーシーは向かいのホームにいるリリーの姿が消えたのを見た。リリーの危険を感じてあわてて向かいのホームに行くと、そこにはリリーとテイジがいた。
 雨の日、リリーがルーシーの自宅に謝罪に来た。ルーシーはリリーを中に入れずに追い返した。それがリリーを見た最期だった。

 ルーシーは刑事に自分はリリーを殺したと言った。
 ・・・・・



・ 監督: ウォッシュ・ウェストモアランド
・ 原作: スザンナ・ジョーンズ
・ 出演: 
    アリシア・ヴィキャンデル   ... ルーシー
    ライリー・キーオ       ... リリー
    小林直己           ... テイジ
    祐真キキ           ... ナツコ
    ジャック・ヒューストン    ... ボブ

■アースクエイクバード EARTHQUAKE BIRD (2019/2019、英語/日本語)
(以下ネタバレ)
(ネタバレ)
 DNA検査の結果、水死体はリリーではないとわかる。リリーとテイジは消息不明だった。
 ルーシーはテイジの住居に侵入しロッカーから自分のファイルを取り出した。
 最初はルーシーの写真だけだったが途中からリリーが加わり、リリーの写真ばかりとなった。
 最後の写真を見たルーシーは警察に行くが、担当の刑事は不在だった。
 帰宅するとテイジがいた。
 テイジはルーシーの首を絞めた。
 ・・・・・

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6288-38ca1aef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)