FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
キング (2019) ★
イングランド国王ヘンリー5世の物語だが必ずしも史実に基づいているわけではない。
たとえば弟トマスは映画ではウェールズの戦いで死ぬが、史実ではフランス遠征に参加した。
サー・ジョン・フォルスタッフはシェイクスピアに登場する架空の人物。「ハル」という呼び名もシェイクスピアで使われている言葉。

 シェイクスピア原作の「嘆きの王冠ホロウ・クラウン ヘンリー四世 第一部」「嘆きの王冠ホロウ・クラウン ヘンリー四世 第二部」「嘆きの王冠 ホロウ・クラウン ヘンリー五世」と同じ頃を描いている。
 ホットスパー(ハリー・パーシー)はもともとヘンリー4世の忠実な臣下でスコットランドとの戦いで目覚ましい活躍をしていた。ところがウェールズとの戦いで捕虜となったホットスパーの妻の弟にあたるモーティマー卿の身代金の支払いをヘンリー4世が拒否したことに不満を持ち反乱を起こした。
 フランス上陸後、イングランド軍はノルマンディー地方のアルフルールの城を降伏させた。疲労と疫病で弱ったイングランド軍はいったんイングランド領のカレーを目指す。途中、アジャンクールでフランスの大軍が待ち構えていた。
 ヘンリー5世王に嫁いだフランス王妃カトリーヌ(キャサリン)は英語が話せるが「嘆きの王冠」によればアルフルールが陥落した時にすでに英語を習い始めた。


□ 15世紀初めのイングランドはヘンリー4世国王の元で反乱が相次ぎ国内は混乱していた。長男のヘンリー(ハル)
は父親と意見が対立し、街の酒場に入り浸っているような放蕩息子で家臣からも信用されていなかった。国王は家臣たちもいる前でハルに対して王位は弟のトマスに継がせると宣言した。
 ヘンリー4世が死去するが王位を継ぐはずのトマスがウェールズで戦死したため、ハルがヘンリー5世として即位する。

 ヘンリー5世は投獄されていた反乱者たちを解放するなどして国内を平定していく。
 フランス王シャルル6世が暗殺者を送り込んでくる。ヘンリー5世は気に留めなかったが、側近のウィリアムに侮辱されながら何もしないと国民が国王を信頼しなくなると諭され、フランスに対して開戦を告げた。
 ヘンリーは放蕩時代の友人、ジョン・フォルスタッフを酒場に迎えに行き総司令官にする。
 フランスに上陸したイングランド軍は城を攻撃し長期戦になったものの陥落させた。進軍するイングランド軍は岡のふもとに着く。斥候を走らせると岡の上には皇太子率いるフランスの大軍が陣地を構えていた。規模的に圧倒的に不利、さらにイングランド軍は坂を上りながら戦わなければならない。兵士たちは長い行軍で疲れ切っている。イングランド軍に有利なのは長距離に矢を飛ばせる長弓"long bow"くらい。みな口々に撤退を進言する中で、フォルスタッフは「勝てる」と言った。その根拠は膝が痛むから。夜、フォルスタッフの予言通り雨が降った。
 翌日、フォルスタッフ率いる部隊が徒歩で岡に向かった。挑発に乗ったフランスの重装備の騎馬部隊が駆け下りてくる。
 ・・・・・・
 戦いはイングランド軍の圧倒的な勝利となった。フランス皇太子は戦死した。
 国王シャルル6世が出向いてきて降伏し、娘キャサリンとヘンリー国王との婚姻を提案した(注)。
 王妃となったキャサリンはヘンリーに父親は暗殺者など送っていないと言った。


(注) トロワ条約:シャルル6世の死後、ヘンリー5世がフランス王位を継ぐと定めた。

・ 監督: デヴィッド・ミショッド
・ 出演:
    ティモテ・シャラメ    ... ハル/ヘンリー
    ジョエル・エドガートン  ... フォルスタッフ
    ショーン・ハリス     ... ウィリアム

    トム・グリン=カーニー     ... ホットスパー
    トーマシン・マッケンジー    ... フィリッパ、ヘンリーの妹、デンマーク王妃
    リリー=ローズ・デップ     ... キャサリン
    ロバート・パティンソン     ... フランスの皇太子
    ベン・メンデルソーン      ... ヘンリー4世

> リリー=ローズ・デップ: ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディの娘

■キング THE KING (2019/2019、英国/ハンガリー/オーストラリア、英語/フランス語)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6282-c33e6897
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)