FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ある女流作家の罪と罰 (2018) ★
作家としてよりも有名人の手紙の偽造で有名になったリー・イスラエルの自伝を原作にした映画。DVDで観た。

 最初に出てくるキャサリン・ヘプバーンの手紙は文面も手書き。他はタイプライターでサインのみ手書き。この種のものにお金を払う人がどの程度いるのか知らないけれどリー・イスラエルは400通も偽造した。最期に出てくる店頭に飾られた手紙には1900ドルの値札が付いている(ただし偽造)。

 リー・イスラエルは1939年ブルックリン生まれ。1960~70年代にフリーランスライターとして活動し、1970~80年代に女優タルーラバンクヘッド、ジャーナリストのドロシーキルガレン、化粧品の大物エスティ・ローダーの伝記を発表した。キルガレンの伝記はベストセラーとなった。


□ 1991年 ニューヨーク
 エスティ・ローダーの伝記はまったく売れず作家としてのリー・イスラエルは見向きもされなくなっている。アル中で仕事も首になり家賃も滞納している。エージェントはリーが執筆中のファニー・ブライスも売れるわけないと前金を拒絶した。
 リーはバーで古い知人でゲイのジャック・ホックと再会し時々会うようになる。
 リーは額縁に入れて飾ってあったキャサリン・ヘプバーンからリー自身宛の自筆の手紙(本物)を書籍ディーラーのアンナに見せた。アンナは作家としてのリーに好意的で、ヘプバーンの手紙を喜んで買ってくれた。
 リーはファニー・ブライスについて調べるために行ったニューヨーク公共図書館で、ファニー・ブライスの自筆の2通の手紙を見つけて盗んだ。
 1通をアンナに売るが内容が平凡と安値だった。
 リーはもう一通に追伸を書き加えた。アンナが高値で買ってくれたので猫の薬を買い家賃を払えた。

 リーは古いタイプライターを買い、古い紙を使ってノエル・カワードの手紙を偽造した。文面もよくできていて高値で売れた。リーは他の有名人の偽造も始める。相手によってタイプライターを替えるなどの工夫をしてあちこちの書店に持ち込んだ。
 リーが売ったノエル・カワードの手紙がカワード本人の友人によって偽物と判断された。リーはブラックリストに載りだれもリーから買わなくなる。FBIも動き始めている。
 リーの代わりにジャックが手紙を売り始める。
 FBIから各書店に文書偽造容疑者リー・イスラエルの情報を求むというFAXが顔写真入りで送られてくる。
 ジャックがアンナの店に手紙を持ち込む。アンナは先に鑑定したいと手紙を預かった。

 リーは記録保管所でリリアン・ヘルマンの手紙を盗み偽造手紙とすり替えた。ジャックが売りに行ってFBIに捕まる。ジャックはFBIに積極的に協力した。リーは法廷に召喚された。
 弁護士はリーに服装や態度を改めること。仕事に就くこと。社会奉仕をすることなどのアドバイスをした。
 判決は執行猶予5年、自宅軟禁6ヶ月。

 リーはジャックと再会する。ジャックは病気だった。
 リーは自分の犯罪をネタに執筆を始めた(注)。
 リーは書店の店頭に自分が偽造したドロシー・パーカーの手紙が飾られ高値が着けられているのを見つけた。

 リーが偽造して売った手紙は約400通。そのうち2通はノエル・カワードの伝記(2007)初版にも掲載されてしまった。
 ニュー・ヨーク・タイムズはリーの自伝"CAN YOU EVER FORGIVE ME?"を痛快な一冊と評した。





・ 監督: マリエル・ヘラー
・ 原作: リー・イスラエル
・ 出演: 
    メリッサ・マッカーシー     ... リー・イスラエル
    リチャード・E・グラント     ... ジャック・ホック
        ドリー・ウェルズ、ジェーン・カーティン、ベン・ファルコーン、アンナ・ディーヴァー・スミス、スティーヴン・スピネラ

> キャサリン・ヘプバーン(1907-2003): オスカーを4度も受賞した大女優。
> ファニー・ブライス(1891-1951): 20世紀初めごろに人気があったコメディ女優。バーブラ・ストライサンドの「ファニー・ガール(1968)」はファニー・ブライスの伝記映画。
> ノエル・カワード(1899-1973): 英国の俳優・作家
> ドロシー・パーカー(1893-1967): 米国の詩人・短編作家
> リリアン・ヘルマン(1905-1984): 米国の劇作家
(注) 自伝の執筆にIBM PCを使っている。

■ある女流作家の罪と罰 CAN YOU EVER FORGIVE ME? (2018/---)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/6279-1708e78c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)